週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

<   2017年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

第349回 【共謀罪が成立するとどうなる?】

    第349回 【共謀罪が成立するとどうなる?】

編集部:GW前でよい季節を迎えましたが、今週の話題からお願いします。

横尾 :はい、いま国会では「共謀罪」が審議されています。
    これは以前にも取り上げましたが、日本の法体系を根本から覆す法案です。

編集部:どのようなことなのでしょうか?

横尾 :今の刑法は、実行行為を処罰するものです。
    イヤな人を傷つけたり、脅したりと、それを心のなかで考えただけでは罰せられ
    ません。
    しかし、2人以上で共謀して人を傷つけようと画策しただけで罰せられることに
    なります。

編集部:つまり、実際にやらなくても、2人以上で話し合ったり、相談したりすることで
    罪が問われる?

横尾 :はい、そうです。
    怖いのは、その共謀かどうかの認定は警察など当局が行うことです。
    またその法律があることを理由に取り締まる側が任意捜査を行い、結果罰せられ
    なくても、国民を萎縮させる効果があります。

編集部:つまり盗聴、密告などの管理社会がますます進む、ということですね。

横尾 :そうですね。
    独裁者が支配する、ジョージ・オーウェルのSF小説『1984年』の社会にな
    ります。
    また昔のソ連や北朝鮮のような社会になります。

編集部:オリンピックのためにテロ対策で必要だと言われていますが?

横尾 :いまの法律で十分取り締まれます。
    また国際条約は人身売買やマネーロンダリングのために、締結が必要とされて
    いるもので、共謀罪とは関係ありません。

編集部:なぜいま「共謀罪」なのでしょう?

横尾 :過去3回、国会で潰れています。
    いま戦争などきな臭い時代になってきましたが、それを理由に国家が国民を監視
    する社会が必要になっているのでしょう。
    マイナンバーや秘密保護法、盗聴法など一連の動きと無縁ではなく、国家がより
    権力を強大化させ、内部へ閉じようとする動きです。

編集部:どうすればよいですか?

横尾 :抽象的には権力や国家を開かせるような、そんな運動が起きないとダメですね。
    首相官邸や霞が関の官僚に権力を一極集中させないような、そんなイメージが
    大事です。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※お知らせ 東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-04-26 10:38 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.349

       第349回 【桂文枝の名人芸を聞いた!】

編集部:さて「今週の気になる」です。

横尾 :先日機会があって、桂文枝の落語を聞きました。
    以前は桂三枝でしたが、いまは6代目の文枝を襲名、上方落語の名跡です。

編集部:三枝の時代から、テレビでの活動が目立ちましたね。

横尾 :そうですね、テレビのイメージがありますが、彼の落語をじっくりと聞いて
    感心しました。

編集部:どのような噺だったのですか?

横尾 :息子夫婦が一人暮らしの高齢の父親を引き取り、その同居生活で父が認知症
    ではないかと嫁さんが疑い、医者へかかって老人ホームに入居させようと
    する一幕を描いた落語です。
    題名は「ロンググッドバイ」です。
    88歳の父親のとぼけた味がとてもよいのです。

編集部:噺のミソはどこですか?

横尾 :88歳の親父がボケたフリをして息子のために老人ホームに入居する、
    というストーリーと、親父が医者をおちょくるような、医者という権威を
    落とす、そこが落語の笑いの心髄だと思います。

編集部:やはり名人芸ですね。

横尾 :三枝の時代からテレビタレントのイメージが強かっただけに、新鮮でした。
    これからも落語の世界でがんばってもらいたいと思いますね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-04-26 10:33 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.349

「何度言えば分かるのか」よく聞く言葉ですが、これには答えがあるそうです。
「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」の坪田信貴氏によると平均500回言わないとダメみたいです。
これは50人程度の子供達に対して1年以上指導した結果の統計に基づいた数字だそうです。
ですので「何度言ったら」という言葉で人を指導しようと思うのであれば、10回、20回言っただけで「あいつはダメだ!」と諦めてはいけない事になります。更にその言葉を使う事によって、人は萎縮したり、反発したりするのでより一層大変になります。
そう考えると「何度言えば分かるのか」という言葉で人を指導するのではなく、別の言い方や指導法を考えた方が相手の為にもなり、自分の為にもなりますね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-04-26 10:30 | 編集後記 | Comments(0)

第348回 【米の北朝鮮攻撃はあるか?】

    第348回 【米の北朝鮮攻撃はあるか?】

編集部:最近のテレビを見ていると、きな臭い動きがみえますが?

横尾 :ずばりアメリカが北朝鮮の核やミサイル保有をどうするか、ですね。

編集部:北朝鮮攻撃はありますか?

横尾 :ふつうの常識だと、最大限緊張を高めておいて実際の攻撃はない、と見ます。
    なぜなら、攻撃をして北朝鮮の反撃による大被害と、北朝鮮を潰した場合の
    経済的リスクが大きいからです。

編集部:でもトランプ大統領は今までの常識では考えられない人物です。

横尾 :そこが最大のミソです。
    北朝鮮の立場で考えても、常識では考えられない人物というのが最大のリスクです。
    今までは緊張を高めてもアメリカは攻撃してこない、と彼らは考えていました。
    北の最大の目的は国家の存続です。
    アメリカと平和協定を結ぶことが最大の目標です。
    アメリカや韓国、日本などは政権が変わるたびに対北政策も変更しますが、
    彼らの強みは世襲制度で、一貫した政策がとれます。
    だから長年にわたって方針がブレないのです。

編集部:北朝鮮問題は今後どのようになりますか?

横尾 :ボクはこれ以上緊張が高まらないと思います。
    北が核実験や米本土まで届く弾道ミサイル発射実験をやって、今度はボール
    (判断)がアメリカに渡ったときに、アメリカはボールを持ったまま、
    「いつでもやるぞ」という脅しのポーズを取り続けると思います。

編集部:北を脅かし続けるということですね。

横尾 :はい、そこで緊張を高めたまま膠着状態だと思います。
    もし本気で北を叩くなら、金正恩を一発で仕留めるために、核やミサイルが
    完成する前に一撃でやるでしょう。
    完成してからでは遅いですから。
    いずれにせよ緊張は高まったまま膠着状態が続くとみます。
    日本も最大限に注意が必要です。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※お知らせ 東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-04-19 10:42 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.348

          第348回 【本屋大賞の予想は?】

編集部:今週の気になるです。

横尾 :先週11日(火)夜に本屋大賞の発表がありました。

編集部:以前横尾さんがこのコーナーやBSフジの番組で予想していたものですね。

横尾 :はいそうです。
    全国の書店員の方たちの「一番売りたい本」として投票されたものです。
    10冊ノミネートされた中で、残念ながらボクの予想した森絵都『みかづき』は
    2位で、大賞は恩田陸『蜜蜂と遠雷』でした。
    恩田陸は2005年の『夜のピックニック』に続いて2回目。

編集部:『蜜蜂と遠雷』は確か今年の1月の直木賞も受賞しましたね?

横尾 :2冠ですね。
    過去にも直木賞とダブルはあったのですが、直木賞の選考委員は作家たち、
    本屋大賞は目利きの書店員たち、これが見事に一致したのですね。

編集部:ほかに特徴的なことはありますか?

横尾 :やはり純文学は厳しいですね。
    今回は村田沙耶香『コンビニ人間』がノミネートされていましたが、
    9位でした。
    小川洋子の『博士の愛した数式』が2004年に受賞していますが、
    それ以来純文学は苦戦しています。
    エンタメ系はストーリーが読みやすい、わかりやすいなど小説の作りとして、
    読者が食いつきやすいですからね。
    純文学はどうしても、人間とは何か、悪や人間心理など哲学的な問いを内包
    していますから、必ずしも読みやすくはないんです。
    村上春樹は例外的に、読みやすいストーリーだが難しい解釈、という純文学の
    独自の道を切り開いていますが。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-04-19 10:39 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.348

来週からヤマト運輸のサービス内容が変わり、配達時間指定ができる時間帯も変更になります。具体的には、12時から14時の時間帯が廃止、20時から21時の時間帯が19時から21時になります。これ、私にとっては結構大きな問題です。私はネットショッピングすることが多く、週に1度くらいは宅配が届く生活をしていますが、平日は仕事が終わって急いで家に帰っても20時なので、ヤマトの荷物はいつも20時から21時に指定しています。それが19時から21時指定になると、荷物が受け取れない可能性も出てきますが、きっとこれからはその時間に指定してしまいます。私みたいに一か八かの指定をする人は結構でてくると思いますが、配達に来てもらったのに家にいないのは配達員の方にもすごく申し訳ないですね。しかも最近は、そのように自分で時間指定をしたにも関わらず不在の人が多く、何度も配達に行かなければならないことが問題になり、再配達の有料化なんかも言われています。それも困りますね。心配性な私は今まで、配達指定した時間帯にはチャイムの音に気づけるよう、お風呂に入ったりトイレに行ったり、水道の水を流したりなんてこともあまりしないように、けっこう緊張感を持って荷物を待っていました。それが有料化なんて言われたらもっと緊張感が増しますし、気軽に再配達の依頼なんてできなくなります。そうなると、ネットショッピング自体からも離れてしまうと思います。なんとか今からでも、20時から21時の時間帯を残す方法はないんですかね…。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-04-19 10:35 | 編集後記 | Comments(0)

第347回 【米のシリア攻撃、ニュースや情報を疑え!】

 第347回 【米のシリア攻撃、ニュースや情報を疑え!】

編集部:今週の話題はやはりアメリカのシリア攻撃ですね?

横尾 :はい、そうです。
    日本時間で4月7日(金)午前、アメリカ軍がミサイル「トマホーク」を
    59発、シリア国内の空軍基地に打ち込みました。

編集部:理由はシリアのアサド政権が化学兵器サリンを使用した、との理由です。

横尾 :そうですが、ホントにサリンか? 政府軍が使用か? という疑問があります。
    サリンだとしたら素手で患者に触っている人が無事で済むわけがありません。
    オウム事件の地下鉄サリン事件を思い出せば、救護や手当した人が亡くなった
    のがわかります。
    ゆえに情報の即断即決は危険で、報道の出方や検証をしっかりとしなければ
    わかりません。

編集部:そうなのですか。

横尾 :あれはシリア問題というより、アメリカが中国の習近平国家主席が訪米している
    タイミングで北朝鮮への中国の対応を促すための「脅し」という見方があります。
    ボクは間違いのない見方だと思います。
    シリア問題と北朝鮮、ミサイル攻撃は両側面の問題を突破していこうとする、
    トランプ政権の意思ですね。

編集部:今後はどうなりますか?

横尾 :北朝鮮がどう出るか、でしょうね。
    中国が厳しいお灸を据えるのかどうかです。

編集部:世間で語られているようなアメリカの北朝鮮への直接攻撃はありますか?

横尾 :ないと思います、常識的にはね。
    でも常識が通じないのがトランプ氏。
    もし北への攻撃となれば反撃がきますし、日本の米軍基地が標的になります。
    日本も巻き添えをくいます。
    緊張感を持って報道の行方を見ていたほうがよいです。
    当面米軍基地の周辺の人々は注意が必要です。
    大震災のように即時避難できる準備もしておく必要があると思います。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※お知らせ 東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-04-12 10:53 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.347

      第347回 【愛川欽也さん3回忌!】

編集部:今週の気になるです。

横尾 :この4月15日に俳優の愛川欽也さんが亡くなって2年、3回忌となります。
    早いものです。

編集部:桜の時期でしたね。

横尾 :はい、ボクも欽也さんとは20年近く一緒に仕事をしてきたので、深い感慨が
    あります。
    特に朝日ニュースター「愛川欽也パックインジャーナル」はCS放送でしたが、
    伝説の番組で、2011年の東日本大震災、3・11以降は視聴者の数も増えて
    地上波テレビでは言えない本音をトークする番組として人気を博していました。

編集部:いまその意思を受け継ぎ、横尾さんはネットTV「デモクラTV」をやって
    おられます。

横尾 :玉石混交の時代ですね。
    ネットで情報はたくさん出ていますが、偽ニュースのようにインチキを意図的に
    流して混乱させる時代になりました。
    庶民目線でニュースや出来事をわかりやすくトークし、しかもいろいろな角度
    から事件を見つめる、そんな解説番組が必要です。
    地上波テレビを中心に、当たり障りのないことしか言わない、政権翼賛一色では
    ない番組が必要ですね。
    そのためボクももう少し頑張りたいと思います。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-04-12 10:49 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.347

春爛漫な季節が到来ですね。新生活がスタートし様々な想いを胸に秘めているのではないでしょうか?そんな4月には過去にこんな事がありました。【巌流島の決闘】です。慶長十七年(1612年)4月13日、宮本武蔵と佐々木小次郎による船島での決闘があり、武蔵が小次郎を倒しました。佐々木小次郎の命日でもあります。
そんな佐々木小次郎ですが、実はその実在さえ危ぶまれる謎の人物であります。
いくつかの伝説がある中で、有力候補として現地に銅像が建てられている場所だけで3ケ所・・・福井県福井市浄教寺町、同じく越前市北坂下、山口県岩国市横山。
中には、近江(滋賀県)の戦国大名・六角義堅とその側室との間に生まれたご落胤説もあり、その場合は近江観音寺が生誕地、なんて事も言われています。
その中で、最も有力視されているのが浄教寺説です。それは、武蔵の伝記『二天記』に最も詳しく小次郎の事が書かれているからなのですが、その『二天記』自体が、武蔵の死後100年も経った後に弟子が書いた物なので、定かでは無いのかもしれません。しかも、武蔵本人が書いた『五輪書』には、小次郎は登場しません。
なので、たとえ実在の人物だったとしても、その姿は、完全に武蔵の引き立て役としての登場・・・。その『二天記』にはこう記されています。
越前・宇坂庄浄教寺村に生まれた小次郎は、同じ村の出身で中条流を極めた小太刀の名人・冨田勢源の弟子となります。しかし、小次郎は小太刀を教えてもらうというよりは、さらに小太刀のワザを磨きたい勢源の練習相手をさせられ、そのために本人は長い木刀を持って、常に稽古をさせられていました。
ところが、長身で体格も良かった小次郎は、師匠の相手をするうち、いつしか小次郎が師匠を稽古台にしてそのワザを習得し、師匠をしのぐ腕になってしまったのです。
「物干し竿」と称される長太刀を背負い、その流派を「巌流」と名付け、西国の名だたる剣客を打ち負かしつつの武者修行・・・いつしか、その名は一円に轟く事になったのです。
やがて、その名声を聞いた豊前・小倉藩30万石藩主・細川忠興に庇護される事となり、兵法指南役として仕える一方で、城下に巌流の道場も構えます。
そんな時に小倉にやって来たのが、かの宮本武蔵・・・とにかく名声が欲しい武蔵は、決闘を申し込み、藩主の許可を得ます。
かくして慶長十七年(1612年)4月13日、小倉の沖合に浮かぶ船島での決闘が行われるのです。あとは皆さんのご存知の通りです。しかしこれも本当なのかどうか・・・。まだまだ歴史が解明されていない中、いつの日か全てが明らかになる日は来るのでしょうか。楽しみです。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-04-12 10:41 | 編集後記 | Comments(0)

第346回 【ニュースを深読みの習慣を!】

    第346回 【ニュースを深読みの習慣を!】

編集部:4月新年度に入りました。今週の話題は何でしょうか?

横尾 :お花見でみなさんの関心が薄いと思いますが、あえて政治の話題です。
    問題山積みなのになぜ安倍政権が倒れないか、ということです。

編集部:ずばりなぜでしょうか?

横尾 :それはメディアの力です。
    メディア対策を徹底的にやっているからです。

編集部:国民にニュースの深層が伝わらない?

横尾 :そうですね。
    森友学園問題、南スーダン戦闘日報の隠ぺい、共謀罪、文科省の天下り、
    アベノミクスの失敗、どれをとっても昔なら首相辞任の政権崩壊してしまう
    ような出来事です。
    それをメディアと首相官邸のメディア対策を担当している官僚の操作で、
    話題をコロコロ変えられてしまいます。
    次から次へと新しい話題をテレビ中心に報じさせるんですね。
    その一方、NHKなどは「北朝鮮怖い」のニュースを毎日流しています。

編集部:それで政権への不信感が国民の間に湧いてこないのですね?

横尾 :もちろん国民の無関心も責任あると思います。
    それが一番の原因でしょう。
    あと数年経って、日本が大きな曲がり角を進んでしまったときに、
    「聞いてないよ!」と国民が言っても、もう遅いと思います。
    その「聞いてないよ!」という被害者意識だけでは、手遅れになりますね。

編集部:それは戦争などの安全保障、経済・雇用、年金や医療など私たちの暮らしの
    中で重要なものですか?

横尾 :はい、そうです。
    国民生活に関連深いものがどんどん危なくなります。
    つまりボクたちの暮らしの質がダウンしていくということです。
    典型例が「保育園落ちた!」という待機児童問題ですね。

編集部:でも毎日忙しくてニュースに目が向かないですね。

横尾 :いまはネット時代、通勤や通学の間にスマホで、新聞社のサイトを見た方が
    よいですね。
    いまは新聞を読まない人が多いですが、東京だと東京新聞は安いし読み応え
    あるので、手にする習慣をつけるとよいかもしれません。
    そしてそのニュースを深読みすることが大事です。
    このニュースの背景は何だろうか、と。
    特に新年度で生活習慣が変わるとき、毎日のニュースに注目してみるのも
    よいかもしれません。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※お知らせ 東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-04-05 10:47 | バックナンバー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE