「ほっ」と。キャンペーン
週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

<   2017年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

第340回 【TVニュースが日本の将来をダメにする!】

 第340回 【TVニュースが日本の将来をダメにする!】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :「日本の将来をだめにするシリーズ」の2回目です。
    今回は報道としてのテレビの役割について考えます。

編集部:テレビ報道がダメなのは、横尾さんがよく指摘されていますね。

横尾 :はい、NHKはじめ、いまのテレビ各局の報道、ストレート・ニュースや
    ニュース・トークショーがホントのことを伝えていないことは、
    いつも言い続けています。
    言い続けないと、世間的にはバラエティ番組は「作り」だけど、ニュースは
    真実だと思っている人が圧倒的です。

編集部:はい、そう思います。

横尾 :でもニュースの取り上げ方には、3つのポイントがあります。
    まずそのニュースを放送する「価値」の問題です。
    番組で取り上げられない地味なニュースこそ庶民の暮らしにとっては「価値」
    があるはずですが、「地味ネタ」ということで排除されます。
    次にニュースの並べ方と扱う分量です。
    最近のNHKは冒頭に、今だと大雪などの災害ネタ(ニュース)を多くやります。
    そして30分の番組枠内では、最後のほうに30秒くらいで国会の話をします。
    つまり扱いが小さいのです。

編集部:そうかもしれません。

横尾 :そして最後のポイントは、ニュースが現象だけを伝え、「なぜ」、「どうして」
    という本質を伝えません。

編集部:ということは、どうなりますか?

横尾 :庶民はいつも政府発表や当局発表のニュースばかりを鵜呑みにします。
    アメリカではトランプ政権に記者会見で記者が突っ込みます。
    あのようなことは日本ではありません。
    昔はあったのですが。
    各社の姿勢と記者のことなかれ主義、またエリートで権力機構への反発心が
    ないことが原因です。

編集部:どうすればよいですか?

横尾 :メディアを疑う、情報をどのように受けとるべきか、教育や訓練が大事ですね。
    ネットでも同じことで、ネットに書いてあることをすべて全部受け入れる、
    というのが間違いであることは、わかることだと思うのですね。

編集部:最近ネットでの偽ニュースが問題になっています。

横尾 :偽ニュースに踊らされるようだと、ホントにこの先日本は沈没です。
    北朝鮮の個人崇拝の独裁体制とは違いますが、一部政治家、官僚、財界による
    柔らかな永久独裁体制の進行がいまの日本の姿なのです。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-22 10:55 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.340

    第340回 【村上春樹の新作長編予想!】

編集部:さて「今週の気になる」のコーナです。

横尾 :村上春樹の長編小説が2月24日(金)に刊行されます。
    題名は『騎士団長殺し』という風変わりなもので、第1部と第2部の2冊本、
    分厚いものが出る予定です。
    メディアが前日の深夜から発売カウントダウンで大騒ぎになりそうですね。

編集部:前回の分厚い長編小説といえば『1Q84』でしたね?

横尾 :はい、2009年から10年にかけて、3部作で出ました。
    このときも大騒ぎしていましたね。

編集部:すると8年ぶりということに。

横尾 :その間に長編『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(2013年)、
    短編集『女のいない男たち』(2014年)が出ています。

編集部:大きな物語が8年ぶり、ということですね。
    それにしても題名がどの本も変わっていますね。

横尾 :はい、そうです。
    初期のころから題名は凝っていますね。
    『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』とか『羊をめぐる冒険』
    とか、1980年代当初の日本文学では見ることのできない題名でした。

編集部:内容も当時の文学の主流からハズレていたのですか?

横尾 :当時はリアリズム小説が主流でしたから、エンタメ的な手法を使いながら
    重い主題を描くのは異端でした。

編集部:今回の作品はどのような内容が予想されますか?

横尾 :ずばり3・11東日本大震災以降の原発事故や戦争の臭い、格差など壊れた
    共同体の再生に向けて、個人がどうコミットメントできるのか、という主題を、
    エンタメやファンタスティックな手法で描くのではないか、と予想しています。

編集部:それは楽しみです。

横尾 :ボクも書評をどこかに書くことになると思うので、
    村上本と合わせてぜひ読んでみてください。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-22 10:49 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.340

社内でもトップレベルの寒がりなので、日々の気温には敏感になっています。ありがたいことにだんだんと暖かい日が増えているので、あともう少しの辛抱と、着るものなどの調節に気を使っております。とは言え、昔に比べると1日ごとの気温差や昼と夜の気温差が激しい気がしてなりません。先週なども日中の気温が20度の次の日に9度まで下がったり、朝夕の温度差が10度以上あったりと、砂漠地方みたいな温度差なのではないかと。地球的な異常気象のせいかもしれませんし、都市型の近代的な気候なのかもしれませんが、いずれにしても温度差が激しいと自律神経の乱れの原因になるらしく、体調的には要注意のようです。自律神経が乱れると、精神的なものから肉体的なものまであらゆるダメージが来るらしいので、まさに万病の元とも言えると思います。そして、自律神経の乱れの原因は、精神的なストレスを含め、様々な原因があるようです。とりあえず、気温差による乱れの予防は、暖房、冷房の器具に頼らないようにすることと、運動をして筋肉をほぐすことだそうです。寒がり、暑がり、運動嫌いの三拍子そろってしまっている私ですが、やはり自律神経の乱れは恐ろしいので、エアコンはなるべく我慢し、日中はなるべく歩き、階段を上るなどの努力から始めようと思います。肉体的にも精神的にも元気に春を迎えたいですからね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-22 10:44 | 編集後記 | Comments(0)

第339回 【教育が日本の将来をダメにする!】

    第339回 【教育が日本の将来をダメにする!】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :先週のこのコーナーで、日本の将来は危ない、という暗い話題をテーマに
    しましたが、なぜダメになるのか、今週はその原因を考えてみたいと思います。
    なにか単純な、ひとつの要因ではなく複合的な要素があるので、
    今回だけでは語りきれないと思いますので、断続的にこのコーナーで
    取り上げていきます。

編集部:はい、お願いします。

横尾 :政治や経済、国際問題はよく話してきましたので、社会的な原因を考えてみたい
    と思います。
    今後10年、20年のスパンで考えてみます。
    まずひとつは教育です。

編集部:教育は重要ですね。

横尾 :いまの10歳の子どもは10年後には20歳、20年後には30歳になります。
    その子どもたちに近代・現代の歴史や国際問題を教えてないとダメになります。
    そしてネット時代にあえて逆らって本を読み、読書感想文などを書かせないと
    ダメですね。

編集部:それはどうしてですか?

横尾 :いまの日本、これからの社会は、反知性主義が溢れています。
    つまり知識や教養、想像力や謙虚さがないと社会は崩壊してしまいます。
 
編集部:具体的にはどういうことでしょう?

横尾 :トランプ大統領が反知性主義の典型例です。
    彼はインテリで大富豪ですが、ワザと知性がないフリをして、
    「ドラえもん」の漫画で言えば、ジャイアンのように振る舞っています。

編集部:力のあるジャイアンがトランプやアメリカだと?

横尾 :そうですね。
    強い者は、自分がより強いことを示すために弱い者たちをイジメます。
    強い言葉や大きな態度で、一見正しいようなことを言うのですが、
    その正しさとは、トランプに所属する階級(大富豪や大企業)には、
    「正しく」ても、その他ののび太やドラえもんには迷惑千万です。
    強者が「オレは強い!」とアピールし、周囲を威圧しては社会が成り立ち
    ません。
    そのことをしっかり教えるのが教育です。

編集部:つまり「ドラえもん」のような教育が必要だと?

横尾 :そうです。
    強者も社会的弱者も手を取り合うような世界を築くために基礎的な教育が必要だ
    と思います。
    ところが文部科学省の天下り問題で明らかなように、教育の総本山が自分たちの
    ことばかり考え、より強者を作る教育システムを作っています。
    これじゃあ、日本はお先真っ暗で、庶民は自分の努力で弱者にならないように
    人を押しのけて「勝ち組」に回ろうと争います。
    「共生社会」の理念が崩れ「競争社会」が激しくなり、日本がダメになります。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-15 10:56 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.339

      第339回 【赤羽のA級を紹介します!】

編集部:今週の気になる、をお願いします。

横尾 :はい、このところ赤羽ネタですみません(笑い)。
    今回は赤羽といえば、B級ものばかりですが、あえてA級のお店やスポットを
    紹介したいと思います。

編集部:A級ですか?ぜひお願いします。

横尾 :まずは飲食店のお店です。
    イタリアンでは「カツキッチン」が一番でしょう。
    料理がおいしいですね。
    雰囲気もよいし、値段もそこそこ、駅から離れていますが隠れ家的なお店です。

編集部:赤羽はイタリアンのお店は多いのですか?

横尾 :ざっと数えただけでも20軒以上あります。
    多いほうだと思いますよ。

編集部:あとは?

横尾 :JR赤羽駅の「東京バル」。
    ここも料理はおいしい、駅ナカなのでちょい飲み感覚がよいです。
    赤羽の地酒「丸真正宗」が全種類あります。
    飲まなくてもランチもありますよ。
    あとメトロの赤羽岩淵駅にあったフランス料理「でぐち弐番」。
    ミシュラン2015にも掲載されましたが、残念ながら閉店してしまいました。

編集部:ほかにもありますか?

横尾 :赤羽駅の西口に高級寿司店「すし処みや古分店」があります。
    芸能人など、ギョーカイ関係者がお忍びで来るという噂です。
    残念ながらボクは行ったことがありません(笑い)。

編集部:A級スポットはどうですか?

横尾 :やはり駅の近くにあるカトリック赤羽教会、映画やTVドラマのロケ地に
    なります。
    ここが一番のスポットでしょう。
    あとは広い荒川河川敷と岩淵水門。岩淵水門は、新旧二つの水門があり、
    それぞれ赤水門、青水門と呼ばれています。
    荒川と隅田川に分かれる地点ですね。
    それと、西口には静勝寺という、太田道灌の出城が丘の上にあります。
    ここも静かなところですね。

編集部:よいところがたくさんありますね。

横尾 :いまは赤羽ブームですが、B級ばかりが紹介されてもうひとつの赤羽が知られて
    いないようなので、宣伝してみました(笑い)。
    ぜひ皆さんお越しください!
 

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-15 10:51 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.339

今月の26日にオスカーとも呼ばれるアカデミー賞が発表されますが、世の中には様々な賞があります。名誉で言えばノーベル賞がありますが、皆さんはその反対のダーウィン賞をご存知ですか?ダーウィン賞は、進化論者であるチャールズ・ダーウィンにちなんで名付けられた皮肉の名誉賞であり、愚かな行為により死亡したなどの理由で贈られるのがダーウィン賞です。
まずダーウィン賞を受賞するには5つの条件があります。
①子孫を残さないこと
 簡単に言うと死亡時、自分の子供がいないこと。
 もしくは生殖能力が永久に失われていること。
②驚くべき愚行
 愚かさはユニークかつセンセーショナル。
 受賞しようとわざと愚行を犯すと受賞対象にはならない。
③自ら自然淘汰を行う
 自分自身の愚行によって、自爆的に死ぬか生殖能力を失わなければいけない。
 他人に殺害されたり、他人を殺害した場合は対象外。
④正常であること
 明確な判断能力があり、精神疾患などがないこと。
 犯罪者は時効が過ぎてないと駄目。
 薬物や危険ドラッグ使用時に愚行を行っても対象外。
⑤真実であること
 対象になった話は、信頼できる情報元に記録されていなければならない。
以上の条件がありますが、毎年困らない位のネタが溢れています。
過去に受賞した賞は、商品を盗もうと飲料の自動販売機の上に乗ったが機械が倒れ、その下敷きになって死亡。
鉄道橋からバンジージャンプを行ったが、紐が長すぎたため頭から地面に激突し死亡。
サマータイムと通常時間を取り違えて時限爆弾を設定し、運搬中に爆死した3人のテロリスト。
セミオート拳銃でロシアンルーレットを行い死亡。
ボトルの中の液体を酒だと思って飲んだらガソリンだったため、慌てて吐き出し服がガソリンまみれになった。口直しのためにタバコに火をつけようとして引火し焼死。
などがあります。受賞者には圧倒的に男性が多いそうです。なんで男はバカばっかり・・・こんな賞を受賞しない様、スマートに生きたいものですね。
 

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-15 10:40 | 編集後記 | Comments(0)

第338回 【ますます日本はアメリカの植民地に!】

   第338回 【ますます日本はアメリカの植民地に!

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :先週に引き続きトランプ米大統領の話題です。
    この1週間、メキシコの壁に続いて、中東・アフリカの7カ国からの
    入国禁止令を出しました。
   
編集部:指定されたのはどの国ですか?

横尾 :中東ではイラン、イラク、シリア、イエメン、
    アフリカではリビア、ソマリア、スーダンです。
    イランは安定していますが、長年アメリカにとっては敵国だった国。
    あとは政情不安定な国です。

編集部:アメリカ国内でも批判が強まっていますね。
    裁判所も決定がでて、入国禁止をときましたね。

横尾 :はい、当然でしょう。
    トランプ大統領が誕生しましたが、そもそもヒラリー・クリントン氏との
    昨年11月の大統領選挙、総得票数では57万票の差でヒラリー・クリントン氏
    が勝ちました。
    しかし選挙制度のせいでトランプ氏の勝ち。
    そもそも国内は大きく分裂しているんですね。

編集部:そうですか。

横尾 :大きく分かれた選挙では、普通だと選挙が終われば、僅差の場合、勝者が
    「ノーサイド」(試合終了)と言って相手を讃え、融和政策をとるのが常道。
    でもトランプ大統領は勝った勢いで、どんどん亀裂が深まる政策をぶちあげて
    います。
    これじゃ国内はまとまりません。

編集部:その余波は外国にも?

横尾 :当然ヨーロッパと英、豪など親米国でも亀裂を生みます。
    そのなかで日本だけは、トランプ氏にくっついて米国内で雇用を生み出す、
    日米安保で米軍の駐留経費をさらに負担する、ことになりそうです。

編集部:日本国内であまり対米政策の議論が盛り上がりませんね。

横尾 :やはりメディアがこれはおかしい、と指摘しないとダメです。
    たとえば米軍駐留経費は、世界の親米国で一番負担し、これ以上出せないわけ
    ですから。
    特に政権寄りのメディアが、身内から批判しないと、政権はどこまでもアメリカ
    についていき、政権寄りメディアはどこまでも安倍政権についていく、
    という気ではホントに将来日本は滅びます。

編集部:日本の将来はどのように危ないのでしょうか?

横尾 :貧困、戦争、治安悪化、国の財政破綻で東京五輪開催の2020年は乗り越えて
    も、その後20年、つまり21世紀半ばにはどうしようもない国になりますね。
    まず高齢化、貧困の波からやってきます。
    そのあたりの話題は今後お話ししますね。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-08 11:01 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.338

  第338回 【赤羽に住みたい、賃貸住宅人気急上昇!】

編集部:さて今週の気になるですが?

横尾 :最近新聞記事で住みたい駅、赤羽が人気急上昇中、との話題がありました。
    賃貸住宅の人気ですが、長年の吉祥寺が人気薄で目黒、荻窪、武蔵小杉に次いで
    堂々の4位にランクです(笑い)。

編集部:以前にも赤羽ネタで盛り上がりましたが、住みたいという人が増えているんですね。

横尾 :はい、テレビや漫画の影響と、交通が便利なのですね。
    たとえばJR赤羽駅には埼京線、京浜東北線、新宿湘南ライン、上野東京ライン
    と4つの線があります。
    また住む場所によっては東京メトロの赤羽岩淵駅、志茂駅も利用可能です。

編集部:交通の利便が一番ですよね。ほかに人気の原因はありますか?

横尾 :あと物価が安いですね。
    下町っぽいです。
    あと荒川の河川敷など自然がけっこうあります。
    ただ高齢者が多いですね、北区は東京23区でも高齢化率が高いですから。

編集部:家賃の相場は?

横尾 :報道によると平均で、シングル(1R~1LDK)7万8千円、
    ファミリー(2K~3LDK)で13万5千円が平均と書いてありました。
    地元の人間からすれば、まあ妥当かな、という感じです。
    駅に近いともう少し高いようですが。

編集部:けっこうアパートやマンションが多いですか?

横尾 :はい、最近は増えています。
    商店街の空き店舗を立て直して、アパートになっていますね。
    だから不動産会社がやたらに多いですよ、特に赤羽駅周辺には。
    不動産屋さんも儲かる土地なのでしょうね(笑い)。
    これから年度末、年初で物件が動きますから。

編集部:そうですか!

横尾 :人気はけっこうですが、昔からの住人は固定資産税が上がるとか。
    知らない若者が多い、とか。
    子ども連れの若い夫婦も増えて、保育園問題とか。
    また折をみて、赤羽最新情報をお送りします!(笑い)
 

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-08 10:54 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.338

先週、急に暖かくなったかと思えば、また寒い日が続いていますね。

外出する際は、防寒グッズを使っていかに暖かくするかが勝負です。

防寒グッズには、マフラー、耳あて、手袋、ニット帽、ヒートテック、カイロなどたくさんありますが、この中で耳あての浸透率はダントツで低いように思います。マフラーより手袋より耳あて派の私は、なぜみんな耳あてを付けないのかがすごく不思議なんですよね。

私のイメージですが、耳は体の部位の中で1、2を争うくらい弱そうだなと思うんです。

首が寒いのは我慢できても、耳が冷たくなると痛くて耳が取れそうになりませんか?耳を暖めなければ!という使命感にかられます。

そしてもう一つ、耳あてをする大きな理由として、“安心感”があります。耳あてをすると、なぜかとても落ち着きます。この安心感を味わってしまうと手放せなくなるんです。

耳あてはダサいと言われたことがありますが、今は、男性用の後ろから装着できる目立たないものもたくさんありますし、女性は逆に大きめの耳あてをすることで小顔効果があって、一石二鳥だったりもします。是非試してみてほしいです。きっと手放せなくなると思いますよ。

 

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-08 10:36 | 編集後記 | Comments(0)

第337回 【トランプ大統領、大荒れで日本は?】

      第337回 【トランプ大統領、大荒れで日本は?】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :やはりトランプ大統領誕生で、この10日間メディアの話題をさらいましたね。

編集部:テレビのワイドショーもこの話題でした。

横尾 :相変わらずテレビは、出来事の表面しか流さずに、ホントのこと、本質的なこと
    は何か、ということを放送していませんね。

編集部:トランプ大統領、この10日間で一番の話題は?

横尾 :やはりメキシコとの国境に壁を作って移民を入れない、
    そして中東・アフリカの7か国からの入国者を制限するというものです。

編集部:あと日本車タタキもありましたね。

横尾 :はい、12か国のTPPを永久離脱し、今後はアメリカと日本など、
    二国間の交渉で関税問題や規制緩和をはかろうというものです。
    これも悪の枢軸国のように「中国、日本、メキシコ」の有色人種の国を
    あげつらい、貿易の不均衡を批判しています。

編集部:経済問題のほか日本にとって警戒すべきは何でしょう?

横尾 :日本に在日米軍の経費の負担を増額しろ、と言っても今でもすべて日本の税金で
    米軍を駐留させているわけですから、負担増はあと軍人の給与のみという笑い話
    もあります(笑い)。

編集部:軍事的には自衛隊のアジアや中東での米軍の肩代わりは?

横尾 :当然ありますね。
    一番は中国牽制の先兵となること、二番目はイラクやアフガン、シリアなどの
    治安維持、三番目はアフリカのソマリアや南スーダンなどです。
    米軍が経費削減で引いたあとに自衛隊が行く可能性を、トランプ大統領は
    安倍首相に押し付けてくるでしょう。

編集部:ビジネスマンですから、取引など商売が上手いのですね?

横尾 :はい(笑い)。
    いろいろな駆け引きと脅かしで日本を攻めてくると思います。
    日本もホントのことをニュースで流して、国民が目覚めないと、
    アメリカ人の奴隷になりますよ。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-01 11:32 | バックナンバー | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE