「ほっ」と。キャンペーン
週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

<   2017年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

第336回 【天下り、忘れたころに再び!】

       第336回 【天下り、忘れたころに再び!】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :文部科学省が天下りを、組織的にやっていたことが明らかになりました。
    天下りは、民主党が政権をとっていたときに排除しました。
    政治情勢的にも自民対民主の国会議員の数が拮抗していたこともあり、
    緊張関係があって、しばらくは霞が関の官僚もおとなしくしていました。

編集部:それがなぜ復活したのでしょうか?

横尾 :自民党が強くなり、政治が1強多弱状態で、しかも安倍政権が長い間続いて
    今後もあと4年くらいは続きそうなので、緩んでいるんですね。

編集部:天下りの問題は?

横尾 :膨大な許認可権や予算を扱う中央官庁の官僚が、退職したら関連の民間企業に
    再就職すれば癒着が生まれます。
    以前、国民の批判を受け、それを是正するために国家公務員法が改正されたの
    ですが、ザル法になっていました。

編集部:今回、どこがザルだったのでしょうか?

横尾 :いまの法律では「現職職員による関連利害企業へのあっせん」を禁止しています。
    文部科学省のやり方は現職職員ではなく、前に退職したOBを介して再就職の
    あっせんをしています。
    法のぬけ穴をくぐっているんですね。

編集部:天下りが絶えない理由はなぜなのでしょうか?


横尾 :官僚は役所のなかで出世競争をします。
    中央省庁の官僚のトップは事務次官です。
    同期の官僚のなかで次官が決まると、他の官僚は退職することになります。
    だいたい50代半ばです。
    すると定年まで数年ありますから、再就職をします。

編集部:再就職自体は悪いことだと思いませんが?

横尾 :そうです。
    問題は何度も再就職を繰り返し、そこで退職金を何回ももらい、結局は私腹を
    肥やすことになります。
    そもそも官僚は税金をもらって仕事をしていたのに、私腹を肥やしてよいのか、
    という問題です。

編集部:そうですね。

横尾 :彼らの論理では、国家公務員は給与が民間よりも安く、たとえば東大法学部を
    卒業して、国家公務員試験に合格して官僚になっても、民間に就職した同期生に
    比べて生涯賃金が安いので、再就職と繰り返す退職金は当然だ、という理屈に
    なります。

編集部:官僚は国のために働くのですから、生涯賃金を言ってはいけないですよね?

横尾 :そうです。
    自分で道を選択して、国のために尽くすのが公務員です。
    特に官僚は、実際の行政を動かすわけですから、そこに誇りをもって、
    お金のことを言ってはダメだと思います。
    そういう気概のある官僚がいなくなった、ということです。
    まあ小さいころから「お受験」で成績はよかったけど、世の常識が通用しない人
    たちだと思いますよ。
    その人たちが日本の舵取りをしているのですから、怖いものがありますね。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-01-25 10:43 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.336

       第336回 【芥川賞の山下澄人のせかい!】

編集部:先週は芥川賞予想をずばり当てましたね。

横尾 :はい、山下澄人『しんせかい』でしたね。
    文学賞の予想は当たっても、競馬予想になるとこれが当たらないんですよね(笑い)。

編集部:一般的に山下澄人という人は馴染みがない作家ですが、どのような作家なのですか?

横尾 :経歴としては、1966年神戸生まれで51歳、高校を出てから脚本家の倉本聰
    が北海道に作った演劇塾「富良野塾」に入塾して、演劇の勉強をするのですね。
    そして自分の劇団を持つようになり、俳優、脚本家としても活躍していました。

編集部:小説はいつごろから書き始めたのですか?

横尾 :2012年の『緑のさる』でデビューし、野間文芸新人賞、三島賞の候補に
    のぼり、芥川賞候補にも今回で4回目のノミネートでした。

編集部:作風はどのような?

横尾 :今回受賞の『しんせかい』は、私小説のような作りで、主人公が北の大地にある
    演劇塾に入塾する青春ストーリーです。
    登場人物たちの視点が移動したり、人物が時間や空間を超え自在に往還したり
    します。
    わかりにくい小説です。

編集部:なぜ山下さんの作品が何度も賞の候補に上ったのでしょうか?

横尾 :ストーリーを読むより、質をイメージで読んでいく作品だと思います。
    絵でもありますよね。
    ピカソとかシャガールとか、イメージで見る絵が。
    それと同じです。
    山下の小説を「震災小説」と言う人もいます。
    95年の阪神淡路大震災と、11年の東日本大震災のふたつの震災を合わせて
    ですね。
    「震災小説」との文脈で読むと、作品世界は、死者の世界ではないかとボクは
    思います。
    今後どうなるのか楽しみですね。


お知らせ
第307号(2016年6月29日号)の「気になる?」でとりあげた漫画家、
加藤望の『さよならハヰドランジア』の下巻が1月12日に発売されました!

http://hi-bana.com/works021.html

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-01-25 10:40 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.336

2017年、スポーツ界はどんな1年になるのだろうか?
今年予定されている大きなスポーツイベントを見てみよう。
2月 アジア競技大会
3月 ワールドベースボールクラシック
5月 FIFA U-20 ワールドカップ
6月 FIFAコンフェデレーションズカップ
10月 FIFA U-17ワールドカップ
未定のものもあるが、今年もいろいろと盛りだくさんな1年だ。
私が一番楽しみなのは、第4回ワールドベースボールクラシックである。
第1回、第2回と連覇の日本が、前回は準決勝敗退。今回は優勝奪還してほしい。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-01-25 10:35 | 編集後記 | Comments(0)

第335回 【トランプ次期大統領のスキャンダルは?】

    第335回 【トランプ次期大統領のスキャンダルは?】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :この20日にアメリカ大統領に就任するトランプ氏、大変なことになっています。
    日本のテレビ、新聞などのニュースではあまり話題になっていませんが、
    早くもスキャンダルがでてきて、アメリカメディアでは大きなニュースになって
    います。

編集部:どのような内容でしょうか?

横尾 :まず先週、当選後初めての記者会見をしました。
    その際にCNNの記者には質問させませんでした。
    CNNが不当な報道をしている、という理由です。
    この記者対トランプ氏のやりとりは日本でも大きく報道されましたが、
    その背景、なぜCNNを敵視したかということの報道はないのです。

編集部:トランプ氏のスキャンダルとはどのようなことでしょう?

横尾 :ロシアの話です。
    2013年、モスクワで開かれたミス・ユニバースの大会を見に行った
    トランプ氏は、最高級ホテルのリッツ・カールトンの一番よい部屋を借りきり、
    売春婦を集めて乱痴気騒ぎをしたらしいのです。
    しかも放尿プレーなどの性癖があり、ホテルの部屋を汚した、というものです。
    ロシアでは監視カメラや盗聴が行われているので、一部始終だけでなく全部
    明らかになるそうです。
    またホテル従業員の証言も押さえてある、ということです。

編集部:今回の情報の出どころはどこですか?

横尾 :イギリスの諜報機関の人物がロシアから入手し、アメリカの情報機関に知らせた
    とのことです。
    そのイギリス諜報機関の人物は明らかになっています。

編集部:それをCNNがつかんだのですか?

横尾 :いや、最初に米のネットTV「バズフィード」がイギリス情報機関のメモとして
    35ページ分の情報を全面公開し、CNNはトランプ氏の酒池肉林の騒ぎの
    裏付けをとった、と言われています。

編集部:それは大変なスキャンダルですね。

横尾 :ホントなら、ロシアのプーチン大統領はその情報を知っていて、
    トランプ氏の命運を握っていることになります。

編集部:だからロシアの大統領選挙に介入したサイバー攻撃に対して、
    トランプ氏は何もできないのですね?


横尾 :そういうことで、ロシアに弱みを握られずっと脅かされることになるでしょう。
    トランプ政治、早くも世界に暗雲が立ち込めてきました。
    これからますます荒れ模様のトランプ政治です。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-01-18 11:00 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.335

        第335回 【第156回芥川賞予想!】

編集部:今週の気になる?のコーナーです。

横尾 :今週19日(木)に恒例の年2回の芥川賞、直木賞の発表があります。

編集部:早いですね。ついこの間このコーナーで取り上げたような気がします。

横尾 :早いですね。
    芥川賞は純文学の新人賞ですが、賞の名前がひとり歩きして、
    ずいぶん有名になりました。
    昨年は7月の村田沙耶香『コンビニ人間』、一昨年7月は又吉直樹『火花』が
    話題になりましたね。

編集部:そうでした。この1月はどうでしょうか?

横尾 :以下、ノミネートされている候補は5名です。
    加藤秀行「キャピタル」
    岸 政彦「ビニール傘」
    古川真人「縫わんばならん」
    宮内悠介「カブールの園」
    山下澄人「しんせかい」
    この中から誰が選ばれるか、まったくわかりません。

編集部:みな新人ですか?

横尾 :いえ、宮内、山下は本が何冊も出て、けっこう活躍しています。
    逆に古川は新潮新人賞をとったばかりです。

編集部:ずばり横尾さんの予想は?

横尾 :ボクは該当者なし、という、過去にもよく事例のあった線も考えました。
    でも最近の出版界は話題づくりをしないと、営業的に文学は厳しいので、
    「なし」はないだろう、誰かに受賞させるだろう、と。
    ゆえに山下澄人「しんせかい」を本命に、対抗が加藤、大穴で宮内とみました。

編集部:よく出版社同士の争いなどと耳にしますが?

横尾 :候補になっている文芸雑誌の発行元では、今回は文藝春秋2名、新潮社3名と
    なっています。
    もともと芥川賞は文藝春秋が作った賞ですから、昨年の村田、一昨年の又吉も
    文藝春秋の文芸誌『文學界』に掲載されたものです。

編集部:今後の営業に繋がってくるんですね。

横尾 :そうです。
    だからギョーカイ的に言えば、やはり文春系の宮内、加藤が一歩リードですが、
    内容で選考委員たちの考え、また新潮社にも花を持たせなければならず、
    2人受賞で文春、新潮で分け合うかっこうだと思います。
    書き手には申し訳ないですが、そのような裏事情も働くと言われていますね。
    19日夜の発表をお楽しみに!

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-01-18 10:53 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.335

戦前生まれの90歳近い頑固な父親が、年末の紅白でのピコ太郎に食いついていました。普段、ニュース番組や相撲中継、再放送の時代劇くらいしか興味がない人間がなぜピコ太郎を楽しみにしていたのか分析してみました。日頃の彼の行動形態から考えるに芸能情報は、ニュース番組からと考えられます。ニュース番組といっても、NHKの7時のニュースというより、TBSのサンデーモーニングあたりから情報をまず得たのではないかと推測されます。それだけだと普通は“なんだ?くだらん!”で終わるのでしょうが、今回は周りのコメンテーターやらキャスターからの付加情報で何かしらの興味の増す情報があったのかもしれません。そして後日、時々会う仕事時代の旧友や昔の部下などとの会話でピコ太郎の話が出たのかもしれません。そこでピコ太郎のことをよく知らない相手に対して、自分が知っている付加情報などを話し、“ほほ~お、詳しいですな!流石です!私なんて若い人の好きなものはさっぱりでして・・・”という流れから、父親のピコ太郎への好感度が急上昇します。
この地点ではピコ太郎の何が面白いのかという本質的なことは関係ありません。俺の歳でピコ太郎に興味を持つ、ピコ太郎のことに詳しい、ということが重要になってくるのです。本来の彼の趣向からするとピコ太郎のギャグも姿も好きなはずはないのです。というわけで、父が紅白でピコ太郎と騒ぎ出して最初に言った言葉が「実はこれを考えて、この人にやらせた人がいるらしいな。」でした。即座に古坂大魔王とピコ太郎の関係を説明され、それは洒落なのよと姉に撃沈された父親を横目に、人とエンタメの関係を考えさせられた年の瀬でした。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-01-18 10:51 | 編集後記 | Comments(0)

第334回 【希望がない時代に】

          第334回 【希望がない時代に】
 
編集部:新年明けましておめでとうございます。

横尾 :おめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

編集部:新年最初の話題はどのようなことでしょうか?

横尾 :暗いニュースが多いなかで、明るいニュースを探しましたが何もありません。
    なぜこんなに暗い世の中なのか、正月休みに考えてみました。

編集部:はい、新年から暗いですね(笑い)。

横尾 :そうですね(笑い)。
    そこで考えたのは、やはり日本には「希望」がないんですね。
    村上龍の『希望の国のエクソダス』という小説が以前出ましたが、
    そこで「この国には何でもある。だが希望だけがない」、という言葉が語られて
    いました。

編集部:衝撃的な言葉ですね。

横尾 :はい、村上龍の小説は、時代の節目で状況を的確にとらえるセンスの良さが
    光っていますが、2000年に刊行されたこの小説もそうです。

編集部:やはり1990年代のバブル経済崩壊以降、日本には希望がなくなったので
    しょうか?

横尾 :そうですね。
    日本的経済のよさは、経済は右肩上がりでよくなる、雇用は正規社員で
    終身雇用、企業は一家主義で社員や家族を守る、という社会的な合意が
    ありました。
    いまはアメリカ流の新自由主義経済で弱肉強食、一部の富裕層と多数の貧困層
    で、かつての中流といっていた人たちはどんどん落層化しています。
    つまり努力をすれば、たとえローンでも家を持て、安心した老後が送れる、
    というビジョンが崩壊したのですね。

編集部:結局、一部の富裕層にとって希望はあるけれど、大多数の貧困層や一部の中流層
    には希望がないということですね?


横尾 :はい、そのとおりです。
    貧困は連鎖を繰り返します。
    貧困層の子どもが高い教育を受けて、貧困を脱出することはムリです。
    社会に閉塞感が漂い、なんでもよいからスカッとすることや、また威張っている
    インテリ層をやっつけたいという潜在願望がトランプ現象を生み出します。

編集部:自分の気持ちを代弁してくれる政治家、と思うのですね。

横尾 :ゆえに庶民はトランプ氏のような大衆迎合型の政治家を誕生させますが、
    結局自分で自分の首を絞めることになります。
    なぜなら彼は富裕層の代弁者ですから。

編集部:すると希望がない時代、どうしますか?

横尾 :希望がない、ということをまず自覚することから始めないとダメですね。
    そして何度もこのコーナーで話していますが、時代の先行きを読んで、
    自己防衛しかないと思います。
    そしてどんなことでもよいから、自分で希望を見つけ出していくことだと
    思います。
    新年から暗い話になってしまいました、スミマセン。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-01-11 11:27 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.334

       第334回 【最近、東京・赤羽が目立つ!】

編集部:新春の「気になる」のコーナーです。

横尾 :こちらは新年ですから明るい話題で(笑い)。

編集部:お願いします。

横尾 :最近、いやに東京・赤羽が目立っています。
    住人のボクだけが敏感に感じるのかな、と思って仕事仲間に聞くと、
    「赤羽はいまメジャーですよ」と言われます。

編集部:いま赤羽はメジャーです。マイナーじゃないですよ。「飲んべえの聖地」です。
    付加価値もついているようですね。


横尾 :東京メトロのCMで石原さとみが、オデン屋で立ち食いしていますね。
    またJRの車内動画で、赤羽の立ち飲みのお店のなかで客同士が譲りあって、
    つめて立ち飲みしている動画が流れて、あっと驚きました。
    ※東京メトロ「Challenge73_赤羽岩淵駅/丸健水産」篇

編集部:いま赤羽はオヤジと庶民の聖地です。

横尾 :アハハ(笑い)、そうなんですね。
    また、東京新聞の元旦の記事(東京版したまち)で、閉店した赤羽の町の酒店が
    日本酒に特化して、よみがえった記事が大きく掲載されていました。
    よい話ですね。
    ※東京新聞記事<東京SAKE物語>

編集部:そうですか!

横尾 :また、文学のなかにも赤羽が舞台として使われ、佐々木譲『沈黙法廷』は
    殺人事件の舞台として、また文芸誌『群像』1月号の対談のなかで島田雅彦と
    戌井昭人の対談で、赤羽が数行話題になっています。

編集部:やはりメジャーだ(笑い)。

横尾 :赤羽は庶民の町、「飲んべえの聖地」、だけれども近くに荒川が流れ、
    緑の河川敷が広がり、伝統のある町で、交通の便がとても良いんです。
    そのあたりがウケる理由ですね。
    ボクの「赤羽B級」のホームページもこれからはA級の赤羽もどんどん紹介
    していきますよ。
    今年はお楽しみに!

    ◆横尾和博の赤羽B級グルメ物語HP→http://kazuhiroyokoo.web.fc2.com/

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-01-11 11:20 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.334

2017年最初の編集後記。本年も宜しくお願い致します。
昨年の12月26日、日本将棋連盟が設置した第三者調査委員会は、三浦弘行九段に対する不正疑惑に関して「不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はないと判断した」と発表しました。この件については、まず昨年7月にさかのぼります。三浦九段と対戦をした久保利明九段が「三浦九段が自分の手番で約30分離席をしていた」と話したのを始めに、他の棋士数名も三浦九段に不自然な離席があったと表明しました。その後、渡辺明竜王が「将棋ソフトとの一致率が90%を超えている」として、連盟に訴えました。
その為、三浦九段は不正疑惑をかけられ、連盟から年内(2016年)の公式戦出場停止となり、挑戦権を得ていた竜王戦にも出場できなくなりました。結果的に不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はないと判断されたわけですが、三浦九段が失った信頼や金銭などは秤にかけることができないと思います。実際に会見を開いた三浦九段は、「無理なんでしょうけど、元の状態に戻してほしい。叶わないでしょうが、竜王戦を…難しいんでしょうけど、元の状態に戻してほしい」と訴えました。連盟側も会見を開いて非を認めましたが、自分達の処分は減給のみで、甘い処分というイメージは拭いきれません。それに事の発端となった久保利明九段や渡辺明竜王は未だにこの件に対して発言をしていません。
昨年の11月には、将棋棋士・村山聖を題材にした映画「聖の青春」が公開され、今年の春には将棋漫画「3月のライオン」が実写映画化され公開されます。
将棋界を盛り上げていくためにも今回の件はキチンと対応するべきだと思います。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-01-11 11:13 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE