週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

<   2016年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

第329回 【年金カット法案の採決を強行!】

    第329回 【年金カット法案の採決を強行!】

編集部:今週の話題ですが。

横尾 :自民、公明は衆院で年金カット法案を通過させました。

編集部:どういう法案でしょう?

横尾 :ずばり、いま働いている現役世代の賃金が下がれば、その時点で年金を
    もらっている人の年金金額を引き下げる、というものです。

編集部:だから年金抑制法案、カット法案というのですね。

横尾 :はい、試算で国民年金をもらっている人で、年間4万円(月に約3千円)、
    厚生年金で年間約14万円(月に約1万1千円)、もらう金額が少なく
    なります。
    じゃあ一度下げた年金を、経済情勢がよくなり賃金が上がったら、
    また年金受給金額も上げるかというとそうではないんです。

編集部:結局はもらえる金額が少なくなる、というものですね。

横尾 :はい、いま働いている人は給料が低く、賃金があがらないので、
    将来自分が年金をもらえる年齢になってももらう年金は低いままです。

編集部:どうしようもないですね。

横尾 :政府は年金を金融市場で運用していますが、この5年間で約10兆円も損を
    しています。
    年金の資金を投入することで株価を釣り上げたのですね。
    ゆえにいまの株は日経平均18000円くらいで、一見良いように思えますが、
    企業の実績ではなく、外国人投資家の売り買いを促進するまえに、
    政府が年金資金を投入して意図的に作り出している相場です。

編集部:それはひどいですね。

横尾 :つまり大企業が儲かっているのは事実。
    それを内部留保としてため込んで従業員や下請け孫請けの従業員の給料として
    還元しないから、景気がよくならないし、年金のパイ全体が縮小していきます。
    一方で軍事費はどんどん増やして、オスプレイ1機あたり約103億円を
    アメリカの言い値で何機も買うような政府ですから。
    また北朝鮮の弾道ミサイルの防衛システムに約1兆円かけるんですから。
    国民は目を覚まさないと、トランプ現象でもっと無理な要求がアメリカから
    きて、結局年金は切り下げ、介護保険料は値上げ、と国民生活を切り捨てて、
    アメリカ奉仕がさらに続きますよ。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-11-30 11:28 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.329

       第329回 【師走、今年の新語を振り返る!】

編集部:今週の「気になる」をお願いします。

横尾 :早いものでもう師走です。
    先日は11月なのに東京でも雪が降りました。
    11月に降るのは54年ぶりとのことです。

編集部:はい、もう12月ですね。

横尾 :そこで今年の流行語・新語を挙げてみたいと思います。
    26日に30語がノミネートされましたが、中から選んだ私的流行語大賞です。
    政治ネタ、社会ネタ中心ですが。

編集部:お願いします。

横尾 :まず新語として「マイナス金利」「トランプ現象」「保育園落ちた日本死ね」
    ですね。
    預金をしても利子がつくのがあたりまえの世界から、「マイナス金利」とは、
    逆に利子をとられる、という今まで経験したことのない事態になりました。
    経済がうまく循環していない証拠、物が安く、給与も上がらないデフレ時代
    からです。
    庶民の銀行の預金口座にはマイナスはありませんが、日本銀行と各銀行間の
    取り引きに使われます。

編集部:経済の安倍、アベノミクスと言われていますが?

横尾 :大企業は景気がよくても小企業や零細はダメですね。
    給与は上がらず、物価はじわりと高くなっています。

編集部:さて次は?

横尾 :「保育園落ちた」がいまの保育の現状をよく表していますね。
    結、女性も働かなければならない社会で、保育政策が貧困だとこのような言葉
    が出てくるんですね。
    「トランプ現象」も格差社会が拡大、貧困化が進み、不満が鬱積、ということ
    です。

編集部:みな繋がっている言葉ですね。

横尾 :明るい言葉がないですね。
    まあ政治には期待できないから、自己防衛するしかないんですね。
    ここ数年は暗い言葉が流行しそうで、イヤになりますね。
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-11-30 11:20 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.329

2016年のドラフト会議も終わり、続々と指名を受けた選手が契約を交わしています。
そんな中11月12日に甲子園球場でプロ野球トライアウトが開催されました。今年は12球団で113人が戦力外通告を受け、参加したのは投手が42人、野手が23人の合計65人。実績のある選手も多く参加しましたが、3週間以上たった現在、NPBと契約できたのは1名のみです。例年通りだとトライアウト後1週間前後で選手に連絡が行きますので、連絡の来なかった選手には厳しい現実となっています。
最近ではテレビなどでも取り上げられ注目を集めていて、球場には1万2000人のファンが集まり、さながら戦力外通告を受けた選手の引退試合の様でした。一部からはショーの様だと意見が出ていますが、個人的には多くのファンが集まる事には賛成です。ファンが多くいる事で緊張感も生まれると思いますし、集中できないなどと言う選手がいるなら、その選手の技量はそこまでと思います。
野球だけではなく、Jリーグやbjリーグにも年末にトライアウトがあり、多くの選手が参加します。
「来て下さい」とお願いされるドラフトと、「入れて下さい」と志願するトライアウト、まさにスポーツの光と影です。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-11-30 11:09 | 編集後記 | Comments(0)

第328回 【勤労感謝の日に働き方を考える!】

      第328回 【勤労感謝の日に働き方を考える!】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :11月23日(水)は「勤労感謝の日」休日です。

編集部:はい、数ある旗日(休日)の中で、あまり意味がわかりませんが、
    とりあえず休日があるのはよいことで(笑い)。


横尾 :そもそも11月23日は、
    「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」だそうです。
    戦前は新嘗祭(にいなめ祭)といって、農業国家の日本が五穀豊穣を祝う、
    天皇行事のひとつだったんですね。

編集部:ハロウィンみたいなものですね。

横尾 :収穫を祝うという意味ではそうですね(笑い)。
   
編集部:でも最近カローシ問題などが報道され、働くスタイルも農業や第2次産業の
    全盛の時代とは異なって、「働き方」の質が変わっていますね。


横尾 :そのとおりですね。
    でも正社員、非正規など雇用の姿と労働の質は、ちっともよくならないですね。
    いまの社会システムだと大企業ばかりが利益をあげ、その下に経済やお金が
    回らないんですね。
    ゆえにいつまでも働き方はよくならないし、賃金も安値据え置きなんです。
 
編集部:大企業は利益をあげているにもかかわらず、企業栄えて国民滅ぶ、ですね。

横尾 :国や大企業は、江戸時代の農民をしぼりとる政策と同じで、ギリギリの生活で
    生かさず、殺さずの生活を国民に強いています。
    日本の国民もすっかりおとなしく手なずけられていますね。
    アメリカを見てください、トランプ氏が大統領に選出されたとたんに
    ニューヨークのトランプタワーにデモがおしかける。
    韓国でも朴大統領への怒りで100万人のデモですよ。

編集部:そうですね。

横尾 :一方日本の、働いていても200万円以下の低所得のワーキングプアは、
    約1060万人といわれています。
    ワーキングプアをなくすには最低賃金をあげることが大切です。
    日本もこれからトランプのアメリカにならって、ますます格差が激しく
    なります。
    労働のことは勤労感謝の日に考えたい問題ですね。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-11-23 10:02 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.328

           第328回 【晩秋のまち歩き】

編集部:今週の「気になる」ですが。

横尾 :東京も晩秋です。
    イチョウの木も黄色くなって、落ち葉も目立ちます。
    公園などまち歩きには絶好の季節です。

編集部:そうですね、ボジョレーも解禁されましたし(笑い)。

横尾 :今年は夏目漱石が亡くなって100年、没後100年という年です。
    そこで命日の12月9日前後に、雑司ヶ谷の霊園に行くのをお勧めします。

編集部:池袋の近くですね。

横尾 :はいそうです。
    池袋からも歩いて行けますが、地下鉄有楽町線の東池袋、都電もありますね。

編集部:どこが魅力なのでしょうか?
 
横尾 :漱石以外にも文学者のお墓があります。
    小泉八雲、泉鏡花、永井荷風などです。
    近くには鬼子母神もあり、散策コースとしてはとてもよいところです。

編集部:お墓は暗いイメージがありすますよね。

横尾 :雑司ヶ谷は都立の霊園ですから、わりと明るい感じですね。
    散歩後のボジョレーを楽しみに、ぜひ行ってみてください。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-11-23 10:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.328

最近、ボールペン字の練習をしています。字があまりキレイではないことがずっとコンプレックスだったので、ペン字練習帳を購入してみました。1ヶ月ほどで上手くなるとのことだったので気楽に始めてみたのですが、字を直すことがこんなに大変なんて…。
まず、お手本の字をなぞるだけでものすごい労力を使います。なぞることさえ上手く出来ないなんてと自己嫌悪です。そして次に、横のお手本の字を見ながら自分で書くのですが、真似して書くだけなのにウソみたいに難しいのです。1画1画見ながら書いているのに、全然お手本と違い、すぐに心が折れてしまいました。線一本引くのにもお手本とは角度から長さからすべて違うんです。今まで自分の字はそんなにクセがあるとは思っていませんでしたが、相当染み付いているようです。お手本を見るだけでは上手にならないと思い、1文字ずつ、“ここはこの画より少し長めに書く”、“こことここの高さは揃える”、“こことここは同じだけ空間を空ける”など…まず記憶することからスタートです。久し振りに勉強をしている気分です。とにかく1文字1文字の特徴を覚えて、1画1画を意識しながら書くようにして、少しずつですが変わってきました。しかしちょっとしたメモなど、意識しないで書くと完全に以前の字になっていて反省します。
ふいに書いたときにもキレイに書けるようになるには相当時間がかかりそうですが、当分は意識しまくって根気よく頑張っていこうと思います。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-11-23 10:00 | 編集後記 | Comments(0)

第327回 【「トランプ大統領」こうなる!】

       第327回 【「トランプ大統領」こうなる!】

編集部:先週のアメリカ大統領選挙は意外でしたね。

横尾 :「番狂わせ」というのがメディアの論調でしたね。
    でも日本の識者のなかで、世論調査などはアメリカ東部や西部の一部の
    中産階級層の意見であり、ホントの保守的な中西部の「アメリカ庶民」層の
    データは反映していない、という見解を示している人もいました。

編集部:でも大方の予想はハズレましたね。

横尾 :そうですね。
    ボクもヒラリーが勝つと思っていました。
    最近いろいろな予想を外しています(笑い)。

編集部:日本との関係がどうなるのか、どのメディアも気にしています。
    この件で横尾さんの大胆な予想はいかがでしょうか?


横尾 :どうせ外れるかもしれませんが、トランプ大統領誕生で日本との関係は
    さらに日本が「ポチ化」することだと思います。
    つまり対米従属がますます強まる、植民地化する、ということです。

編集部:それはどうしてでしょうか?

横尾 :つまりトランプ氏は「強いアメリカ」を演出します。
    すると彼に人的パイプがない日本政府は、より多くの貢物(みつぎもの)を
    持っていかざるを得ない、ということです。
    古今東西いわれている「貢物外交」というヤツです。

編集部:なるほど。

横尾 :さらにわかりやすく言えば、パイプのない人だから盆暮れの付け届けを多く
    する、ということです。

編集部:具体的な付け届けの内容は?

横尾 :ひとつはTPPに替る、日米二国間の協議でアメリカの規制緩和に応じること。
    二つめは米軍の駐留経費の負担をさらに増やすこと。
    三つめは「世界の警察」であるアメリカの肩代わりで日本の軍隊(自衛隊)が
    世界に展開することでしょう。

編集部:いずれにしてもオバマ政権のときよりもさらに関係が深くなるということですね。

横尾 :そうです。
    アメリカの属国、植民地の度合いがさらに深まり、お金、規制緩和のほかにも、
    日本の貧困層をアメリカの市場に差し出すという金、人、法律をトランプ政権に
    渡すことになりそうです。
 

d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-11-16 11:13 | バックナンバー | Comments(1)

今週の気になる? Vol.327

       第327回 【映画「ジュリエッタ」の魅力】

編集部:さて今週の「気になる」です。

横尾 :スペインの映画監督アルモドバルの「ジュリエッタ」が11月5日に公開
    されました。

編集部:どのような映画ですか?

横尾 :母と娘の葛藤を縦糸にしながら、心理模様を色彩豊かに表現した名作で、
    女性の半生物語です。

編集部:ストーリーは?

横尾 :大学院生のジュリエッタが学校の非常勤講師として勤務地に移動中、
    長距離列車で知り合った漁師の男に惹かれていき、やがて彼と同棲して女の子が
    生まれます。
    その後、子どもを連れてジュリエッタは久しぶりに実家を訪れ、老いた両親との
    齟齬を感じます。
    また彼との不和が露呈した後に彼が海で遭難死、成長した娘が突然家出し
    音信不通になる、という話です。

編集部:まさに女の一生、ですね。

横尾 :はい、原作はカナダの女性作家で、2013年にノーベル文学賞を受賞した
    アリス・マンローの『ジュリエット』です。
    この秋に出版されています。
    カナダを舞台にした小説を、スペイン出身の監督が、舞台を同地に移して映画化
    したものです。

編集部:やはり小説との違いはあるのですか?

横尾 :原作は寒い国カナダ、映画は暖かく太陽の光が豊かなスペインで、
    その感覚や、土地の風や光、民族の違いや、小説家と監督の資質に違いが
    ハッキリ際立っていて、おもしろかったです。
    同じ話なのにこうも違うのか、と。
    芸術の秋ですから、ぜひ味わってみてください。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-11-16 11:09 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.327

最近外国人の方々と話す機会が多く、日本語についておもしろい話を聞きました。
海外では、英語、韓国語、スペイン語、フランス語など、おおよそ1か国に1言語で表記するのに対し、日本では日本語の中に、ひらがな、カタカナ、漢字と3つの表記があるのはなぜ?との話です。確かに日本で育つと当たり前の事ですが、海外の人からすると日本語の勉強はとても大変です。日本には方言も多くあるので、実にややこしく、面倒くさいでしょう。また日本語でも面白い表記が、サハラ砂漠、チゲ鍋、フラダンスなど、同じ意味の言葉を二つ並べて表記しています。サハラ=砂漠、チゲ=鍋、フラ=ダンスなのだとか。わざわざ同じ意味の言葉を並べて、ゴロが良いからなのか、本当の意味を知っている人達からすると不思議に思えるそうです。全く気にせず、それが当たり前に育ってきた今の環境ではありますが、造語や若者の言葉が辞書に載る時代。今後も様々な言葉が生まれ、使われなくなる言葉も増えるのだとか。ん~実にややこしい。アナウンサーや、声優を仕事にされている人たちは大変だろうなぁと思いながら昨日テレビを見て晩酌をしていました。自分も言葉を仕事にしている職業ですから他人ごとではないですが、シンプルに海外問わず、日本人に分かりやすい言葉を届けられればと思います。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-11-16 11:06 | 編集後記 | Comments(0)

第326回 【TPP批准を国会で強行、おバカな政府と与党】

  第326回 【TPP批准を国会で強行、おバカな政府と与党】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :先週の4日金曜日に、衆議院でTPPを承認する案を与党が強行採決しました。
    その後衆議院本会議で採決され、日本は参加12か国の中でどの国よりも早く、
    アメリカに先んじて承認しました。

編集部:このコーナーでも何度も警鐘を鳴らしていましたが、もう一度教えてください。
    まずTPPとは何か、をザックリ言うと?


横尾 :まず参加国は12か国で、それも先進国はアメリカ、日本、オーストラリア、
    ニュージーランド、カナダで、あとは東南アジア諸国とメキシコなど中南米の
    国です。

編集部:その12か国で貿易をどうしようと?

横尾 :自由貿易圏を作る。
    よく言われているのが関税の撤廃で、安い外国産の農産物が入り、
    日本の農業が打撃を受ける、というものです。
 
編集部:そのほかに問題があるのですね?

横尾 :「非関税障壁」という難しい役所用語をメディアはをそのまま流しますが、
    関税の問題ではなく、日本が独自のルールで決めている食品の安全基準、
    自動車の安全基準、たとえば商品から建設工事まで、国や自治体の公共入札に
    外国の会社を参加させろ、というものです。

編集部:そうなんですか?

横尾 :なかでも一番重要なのは、保険や医療、薬に競争原理を導入し、最終的には
    日本の健康保険制度を解体させようとアメリカ資本が狙っていることです。

編集部:でもNHKのニュースを見ても、民放のテレビでもそんな話題を言っていません。


横尾 :アメリカと日本政府の言っていることに反対ができないからです。
    新聞の一部が遠慮がちに書いているだけです。
    TPPの内実はもっとひどく、外国企業が日本に参入できないのは、
    日本の国内ルールが悪い、ゆえにもし参入できない個別の事案があったら、
    アメリカ企業が日本政府を訴えて国際投資紛争センターに持ち込みます。
    一見これは国際機関で裁判所のように見えるけど、アメリカの傘下と言われる
    世界銀行の下にあり、いわばアメリカの代理人による裁定です。
    いままでメキシコ政府などが訴えられていますが、訴えられたほうが勝った
    ためしがない、というデタラメなものです。
    これはTPPのなかではISD条項という項目になっています。

編集部:どうしようもないですね。

横尾 :結局日本政府は、国民の安全や食の自給率を守るのではなく、
    アメリカ政府の代理人として、アメリカ資本、多国籍大企業に日本国民を
    市場として無防備にさらけだしてしまった、ということです。
    しかも自民党はもっとひどいことをしたんです。

編集部:それは何ですか?


横尾 :過去の衆議院選挙です。
    2012年の選挙公約やポスターも「ウソつかない。TPP絶対反対。
    ブレない。日本を耕す自民党」といって、農村部で票をもらい当選してきた
    んです。有名な話です。
    強行採決の際も野党が、このポスターのコピーをイヤミで掲げていました。

編集部:それはひどい。

横尾 :いまの政権は国会で多数の議席をとれば、何とかなる。
    なんでもあり、の政権です。
    憲法解釈も裁判官もメディアも何でも言うことを聞く、長いものに巻かれろ、
    ということで、やりたい放題です。

編集部:TPPで今後どうなりますか?

横尾 :肝心のアメリカが大統領選挙の結果で、TPPに反対といってきましたが、
    結局進めます。
    あとは他の10か国はまだ審議が進んでいません。
    ただTPPができなくても、もうすでにアメリカと日本は並行協議という名目で
    アメリカのいろいろな規制緩和の要望を受けていますから、
    TPPがダメになっても、アメリカはかまわない。
    日本では格差社会がさらに進み、保険、医療、薬など生活スタイルが変化しま
    す。
    また食品の安全基準の変更なので、消費者の目に見えないところで、どんどん
    規制が解かれていき、数十年後には純粋な日本企業というのはなくなるでしょ
    うね。
    みな多国籍企業になっているかもしれません。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-11-09 14:24 | バックナンバー | Comments(1)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE