週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

カテゴリ:編集後記( 346 )

 

編集後記 Vol.345

この1月から放送されている「けものフレンズ」というアニメが話題です。1話が放送された時、ほとんどの人に「もう見ない!」と酷評されたにも関わらず、回を重ねるごとにじわじわと人気が広がった不思議なアニメです。ある日突然生まれたヒトの子が、謎がいっぱいの不思議なパークを、様々な動物が擬人化された(すべて美少女)フレンズと呼ばれている仲間と触れ合いながら冒険をする物語です。世界のことがよくわからないヒトの子と動物ゆえの純粋無知なフレンズたちの繰り広げる会話が、「見るとIQが下がる!」などと言われながらも、なぜか心がほっこりしてしまう癒し効果にハマる人が多いようです。CGアニメですがそのクオリティーも決して高いとはいえず、声優さんの演技力も??な部分が多く、ネット上の自称アニメ評論家からはつっこみ満載な部分も逆に魅力になってしまっているようです。思わぬ大ヒットに制作したプロデューサーも嬉しいというより驚いているといった感想を漏らしていました。人気の理由は様々な要素が絡んでということだと思いますが、会話や登場人物の関係がシンプルなだけに見る人の考える余地が多いということが、逆にアニメ通な大人たちに一番の魅力なのかもしれません。なんでもテロップやナレーションで説明してくれるテレビに、なんでも聞けば答えてくれるスマホ。それらに囲まれている我々の現代社会、自分で考えて楽しむエンターテインメントを新しいと感じてハマってしまうのも自然なことかもしれません。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-03-29 11:10 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.344

2012年、通行人2人を無差別に刺殺したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた礒飛京三被告。先日の控訴審判決で中川博之裁判長は責任能力を認めたが、「計画性は低く、精神障害の影響を否定できない」とし、裁判員裁判で審理された一審の死刑判決を破棄し、無期懲役を言い渡しました。遺族の方々にしてみればたまらない判決です。「計画性が低ければ2人の人間を殺しても死刑にならないのか?」とネットでも多くの意見が出ています。
判決では「過去に死刑が言い渡された無差別通り魔殺人事件は全て計画性が認定されている。今回は2人以外に被害がなく、従来の裁判例からはみ出す判断をするのは困難」、「幻聴が事件決行に与えた影響も否定できない」ので、量刑判断に考慮すべきだとし、中川裁判長は「遺族の処罰感情は厳しいが、死刑の選択はためらわざるを得ない」と結論付けしたそうです。
なんか思うのですよ。「死刑の選択はためらわざるを得ない」という裁判長の言葉、必要無いでしょう、そんな言葉。誰に向かっての言葉なのでしょうか?被害者遺族ですか?世間ですか?正直、自分自身を守る為に出た言葉としか思えません。裁判長という立場で判決を言い渡したのであれば、自分の出した判決の言葉に責任と重さを持つべきだと思うんですよ。自分には言い訳にしか聞こえません。被害者遺族にしてみれば、何を言おうが判決が全てなわけですから。今回のことで言えば実際遺族側は最高裁に上告を申し入れしましたし。
私が言いたい事は、判決がどうこうではなく、被害者遺族に対して追い討ちをかけるような言葉は言う必要がないということです。裁判長も人間だということはわかっています。だからこそもっと考えて言葉を発して欲しいものです。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-03-22 10:44 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.343

ここ1~2年、いわゆる『フリマアプリ』をよく利用しています。
写真と簡単な説明文を載せて気軽に出品できるので、衣類や日用品など、家中を探してありとあらゆるものを売りまくっています。これが意外と売れるので、発送などの手間はありますがけっこう楽しいのです。新品は定価に近い値段で売れることもありますし、今まで捨ててしまっていたようなものが安くでも売れればラッキーですよね。
しかしたまに、販売手数料と送料を引くとほとんど利益が出ずに手間だけがかかって、ボランティアのようになることもあります。ですが、まだ使える物を捨てるのはとても罪悪感があるので、物を大切にできているなあ、という変な満足感のもと出品しています。
そして最近は、そのアプリで買い物もよくするようになりました。売上金を使って簡単に購入できるので、売上金が貯まると、何か買っちゃおう~といろいろ購入しています。売上金以上に買い物することもあります。その上、普通に街で買い物をする時も、「使わなければアプリで売ればいいか!」と思って気軽に買うようになっている自分がいます。
今まであまり気づかないフリをしていましたが、これでは逆に物を大切にできなくなっていますね、確実に。これを書いたことで再認識できたので、これを機に少し反省して、これからはきちんと考えて買い物をしていこうと心に決めました…。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-03-15 10:52 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.342

授賞式のクライマックス、作品賞発表時に、受賞作ではない作品名がコールされるという前代未聞の不祥事が起きてしまった今年の第89回アカデミー賞。最初に告げられた『ラ・ラ・ランド』の関係者がステージに上がってスピーチを始めた後に間違いが発覚。喜びを語ったプロデューサー自身が「『ムーンライト』が受賞作です」と訂正する羽目になった。この間違いに対し日本では「許しがたいぬるい行為」と批判も出た。日本ではありえない事だったかもしれないが、「さすがアメリカ!」と多少皮肉交じりに私は笑ってしまった。ただ一つ言えるのは、【ラ・ラ・ランド】も【ムーンライト】もどちらもすばらしい作品であったことは確かだ、間違いが起きてしまうほど。そんな時、ただ一つのNo.1を選ぶのは本当に難しいということである。日本の作品がいつかはこういった場面に出くわしてみるのも見てみたい。と、思うのは私だけだろうか・・・。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-03-08 10:46 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.341

3月。冬から春へと季節変わりの時期です。
入学、卒業、進学、就職など様々な出会いと別れのドラマがある時期でもあります。
こんな季節だからこそ、聴きたい歌があります。
今回ご紹介したいのは、昨年のNHK大河ドラマにも出演して、現在再ブレーク中とも言われている元アイドルで女優の斉藤由貴さんの『卒業』。
変わったサビのメロディーが印象的な曲です。
私は発売当時よく聴いていましたが、今聴いてもやはりいい曲です。時を超えても決してサビない、この季節だからこその一曲。
聴いた事のある方は、懐かしい気持ちになりながら、聴いたことがない若い方も是非、4月を気持ちよく出発するためにこの季節に聴いてみてください。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-03-01 10:54 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.340

社内でもトップレベルの寒がりなので、日々の気温には敏感になっています。ありがたいことにだんだんと暖かい日が増えているので、あともう少しの辛抱と、着るものなどの調節に気を使っております。とは言え、昔に比べると1日ごとの気温差や昼と夜の気温差が激しい気がしてなりません。先週なども日中の気温が20度の次の日に9度まで下がったり、朝夕の温度差が10度以上あったりと、砂漠地方みたいな温度差なのではないかと。地球的な異常気象のせいかもしれませんし、都市型の近代的な気候なのかもしれませんが、いずれにしても温度差が激しいと自律神経の乱れの原因になるらしく、体調的には要注意のようです。自律神経が乱れると、精神的なものから肉体的なものまであらゆるダメージが来るらしいので、まさに万病の元とも言えると思います。そして、自律神経の乱れの原因は、精神的なストレスを含め、様々な原因があるようです。とりあえず、気温差による乱れの予防は、暖房、冷房の器具に頼らないようにすることと、運動をして筋肉をほぐすことだそうです。寒がり、暑がり、運動嫌いの三拍子そろってしまっている私ですが、やはり自律神経の乱れは恐ろしいので、エアコンはなるべく我慢し、日中はなるべく歩き、階段を上るなどの努力から始めようと思います。肉体的にも精神的にも元気に春を迎えたいですからね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-22 10:44 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.339

今月の26日にオスカーとも呼ばれるアカデミー賞が発表されますが、世の中には様々な賞があります。名誉で言えばノーベル賞がありますが、皆さんはその反対のダーウィン賞をご存知ですか?ダーウィン賞は、進化論者であるチャールズ・ダーウィンにちなんで名付けられた皮肉の名誉賞であり、愚かな行為により死亡したなどの理由で贈られるのがダーウィン賞です。
まずダーウィン賞を受賞するには5つの条件があります。
①子孫を残さないこと
 簡単に言うと死亡時、自分の子供がいないこと。
 もしくは生殖能力が永久に失われていること。
②驚くべき愚行
 愚かさはユニークかつセンセーショナル。
 受賞しようとわざと愚行を犯すと受賞対象にはならない。
③自ら自然淘汰を行う
 自分自身の愚行によって、自爆的に死ぬか生殖能力を失わなければいけない。
 他人に殺害されたり、他人を殺害した場合は対象外。
④正常であること
 明確な判断能力があり、精神疾患などがないこと。
 犯罪者は時効が過ぎてないと駄目。
 薬物や危険ドラッグ使用時に愚行を行っても対象外。
⑤真実であること
 対象になった話は、信頼できる情報元に記録されていなければならない。
以上の条件がありますが、毎年困らない位のネタが溢れています。
過去に受賞した賞は、商品を盗もうと飲料の自動販売機の上に乗ったが機械が倒れ、その下敷きになって死亡。
鉄道橋からバンジージャンプを行ったが、紐が長すぎたため頭から地面に激突し死亡。
サマータイムと通常時間を取り違えて時限爆弾を設定し、運搬中に爆死した3人のテロリスト。
セミオート拳銃でロシアンルーレットを行い死亡。
ボトルの中の液体を酒だと思って飲んだらガソリンだったため、慌てて吐き出し服がガソリンまみれになった。口直しのためにタバコに火をつけようとして引火し焼死。
などがあります。受賞者には圧倒的に男性が多いそうです。なんで男はバカばっかり・・・こんな賞を受賞しない様、スマートに生きたいものですね。
 

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-15 10:40 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.338

先週、急に暖かくなったかと思えば、また寒い日が続いていますね。

外出する際は、防寒グッズを使っていかに暖かくするかが勝負です。

防寒グッズには、マフラー、耳あて、手袋、ニット帽、ヒートテック、カイロなどたくさんありますが、この中で耳あての浸透率はダントツで低いように思います。マフラーより手袋より耳あて派の私は、なぜみんな耳あてを付けないのかがすごく不思議なんですよね。

私のイメージですが、耳は体の部位の中で1、2を争うくらい弱そうだなと思うんです。

首が寒いのは我慢できても、耳が冷たくなると痛くて耳が取れそうになりませんか?耳を暖めなければ!という使命感にかられます。

そしてもう一つ、耳あてをする大きな理由として、“安心感”があります。耳あてをすると、なぜかとても落ち着きます。この安心感を味わってしまうと手放せなくなるんです。

耳あてはダサいと言われたことがありますが、今は、男性用の後ろから装着できる目立たないものもたくさんありますし、女性は逆に大きめの耳あてをすることで小顔効果があって、一石二鳥だったりもします。是非試してみてほしいです。きっと手放せなくなると思いますよ。

 

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-08 10:36 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.337

2017年がスタートし、1か月が経ちますね。正月太りに悩まされている方々も多いのではないでしょうか?実際、私自身もダイエットに四苦八苦している今日この頃、こんなニュースが目に入ってきました。【インドで「肥満税」導入を議論】。これはなんぞや?と思い記事を読んでいると、インドはここ数年、ジャンクフードと砂糖入り飲料が一因とみられる肺や心臓の疾患、がんや糖尿病で亡くなる人が年間で約580万人に上るそうです。15年には、6910万人が糖尿病と診断された模様で、それらを予防する為だとか・・・。
一方で、課税を歓迎する声もあるようで、同国内で健康食品などを扱う企業の経営者は、若年層を中心に健康志向が強まっていると指摘。「国内の健康食品市場の潜在規模は3300億ルピー(約5680億円)で、ここ数年の成長は目を見張るものがある」と述べ、課税が実現すれば成長が加速するとの認識を示した。と記されています。
んー、プラスにも取れますが、すでに肥満の方々はたまったもんじゃないでしょうね。もし日本やアメリカでも取り入れられることになった場合、想像ができないです。
インド政府は2017年2月1日に17年度予算を発表するとの事。今後の動向が非常に興味深いです。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-01 11:21 | 編集後記 | Comments(0)

編集後記 Vol.336

2017年、スポーツ界はどんな1年になるのだろうか?
今年予定されている大きなスポーツイベントを見てみよう。
2月 アジア競技大会
3月 ワールドベースボールクラシック
5月 FIFA U-20 ワールドカップ
6月 FIFAコンフェデレーションズカップ
10月 FIFA U-17ワールドカップ
未定のものもあるが、今年もいろいろと盛りだくさんな1年だ。
私が一番楽しみなのは、第4回ワールドベースボールクラシックである。
第1回、第2回と連覇の日本が、前回は準決勝敗退。今回は優勝奪還してほしい。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-01-25 10:35 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE