週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

カテゴリ:今週の気になる?( 377 )

 

今週の気になる? Vol.379

       第379回 【 相撲界と暴力! 】

編集部:さて「今週の気になる」は?

横尾 : ボクは相撲が好きなので、今回の横綱日馬富士の暴行事件については残念です。

編集部: 鳥取巡業中に宴会の二次会で同じモンゴル出身の貴ノ岩を殴った話ですね。

横尾 : その事件は相撲界の暴力体質、閉鎖体質がでていて、とてもイヤな話ですね。
     日馬富士の日ごろの暴力癖などもいわれていて。

編集部: 相撲だけでなく、スポーツ関係には昔から「しごき」がありましたね。

横尾 : イジメにもつながる話ですけど、鉄拳制裁とか、ボクは野球部だったから、
     木製バッドで尻を叩かれることもありましたね。
     スポーツ界全体が暴力に寛容でした。

編集部: でも今は?

横尾 : 社会全体がスポーツの暴力に厳しいですからね。

編集部: しかし今回の事件では不可解なことも多いですね。

横尾 : はい、貴ノ岩の親方である貴乃花親方の行動ですね。
     裏に相撲協会理事長選挙をめぐる現理事長と貴乃花親方の
     対立とかあると報じられています。

編集部: 日馬富士は警察の調べで暴行を認めていますね。

横尾 : でも事実関係は、当事者がみな相撲ギョーカイの人ですから闇でしょう。
     あとは相撲協会の危機管理の対応、日馬富士の処分をどうするかでしょうね。

編集部: 日馬富士の引退もある?

横尾 : 日馬富士は世論の様子を見て処分を決めるでしょう。
     甘い処分だとまた叩かれる可能性があります。
     せっかく若手力士の活躍で、人気が盛り上がった相撲業界。
     でも狭い世界で、世間のことをよく知らないギョーカイのことですから、
     根は深いような気もします。
     相撲好きなボクにとっても残念な出来事ですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-22 09:03 | 今週の気になる? | Comments(0)

今週の気になる? Vol.378

    第378回 【今年もボージョレー解禁だ!】

編集部:さて「今週の気になる」は?

横尾 :もちろん16日に解禁になる「ボージョレー・ヌーボ2017」の話題です。
    毎年このコーナーでやっていますが(笑)
    今年もこの時期がやってきました。晩秋の感じですね。

編集部:ふだん飲まなくてもメディアが取り上げるので
    飲んでみようという人も多いです。

横尾 :はい、そうです。
    実はボクは普段から赤ワインは飲まないです。
    飲むのは付き合いで年に2、3回ですかね。
    ワインはいつも白ワインです。

編集部:でもこの時期だけは?

横尾 :はい、一種のお祭りですからね。
    ハロウィンの仮装とは違って、こちらはホントの収穫祭ですね(笑)。
    収穫を祝う振る舞い酒です(笑)。

編集部:今年の出来はどうなのでしょうか?

横尾 :情報によると雨が少なく、ぶとうが小粒、との話があります。
    その分、ワインとしてどのようになるのか、お楽しみですね。
    ボージョレーは新酒ですから、フルーティーが基本。
    味わいより、お祭り用ワインですね(笑)。

編集部:日本ではどうして騒ぐのですかね?

横尾 :11月第3木曜日の午前0時解禁で、
    時差の関係で日本が一番早いからだそうです。
    まあ早けりゃよい、というわけではないでしょうが、
    それが理由といわば理由ですね。
    新しいもの好きで、飽きっぽい日本人にぴったり(笑)。
    フランスではカジュアルな酒で、日本では2000円するボトルでも
    産地では300円くらいで飲め、コップ酒のワインらしいです
    新酒を楽しんで飲みたいですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-15 09:01 | 今週の気になる? | Comments(0)

今週の気になる? Vol.377

    第377回 【今年のプロ野球は終わり!】

編集部:さて「今週の気になる」は?

横尾 :最近あまり話題にしていないプロ野球ネタを(笑)

編集部:今年の日本シリーズはソフトバンクでした。

横尾 :やはり強いですね。
    投打が安定しています。

編集部:セリーグは広島が優勝しましたが、クライマックスシリーズで
    年間3位だった横浜DeNAベイスターズが広島に勝ち、
    日本シリーズに進出しました。

横尾 :横浜の活躍はおもしろかったです。粗いけど魅力的な球団です。
    監督のラミレスがよいですね。
    スワローズの最下位はがっかりでしたけど(笑)。

編集部:日本の球界もここで日本ハムの大谷がアメリカ大リーグへ行く予定ですし、
    来年の盛り上がりはいまひとつですかね?

横尾 :高校野球で沸かせた早実の清宮がをドラフトで日本ハムが指名しました。
    あの球団は人気選手が集まるクジ運がありますね。
    でも球界全体でいえば、大谷の大リーグ行きは損失でしょう。

編集部:昔のようなスーパースターがいなくなりましたね。

横尾 :それと野球以外のスポーツ、サッカーなどもブームになっていて、
    球界全体の人気がいまひとつですね。
    ボクは内野席などもっと安くして、親子連れが気軽に球場に
    来られる条件を作ったほうがいと思いますね。

編集部:いまはネットでも速報や実況が見られますからね。

横尾 :はい、BSやCSテレビも含めて見る環境は飛躍的進みました。
    でも球場に足を運んで、ボールがバットにあたる音や走塁など、
    感で感じる肌感覚がやはりプロの魅力。
    チケットを安くして、子どもを含めた多くのファンが球場に
    足を運ぶようにしてほしいですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-08 09:52 | 今週の気になる? | Comments(0)

今週の気になる? Vol.376

  第376回 【ハロウィンがやってきた!】

編集部:さて「今週の気になる」です。

横尾 :昨年も述べましたが、またハロウィンの季節がやってきました。
    仮装行列の日、と間違えている人が多いのですが(笑)。
    これはキリスト教文化圏での感謝祭、秋の収穫祭なんです。
    つまり根本は「農」の話なんですね

編集部:それが日本では渋谷の大騒ぎに?

横尾 :ホント、日本は他国の文化をなんでものみ込む、
    おおらかさもあるのですが思想がないですね。

編集部:いつのまにか年間行事がひとつ増えただけ?

横尾 :そうですね。
    これも消費者心理を煽る、一大商戦として、
    企業が儲けるチャンスにしてしまいました。
    一方で日本の伝統的な四季の行事は忘れさられていきます。
    これでよいのですかね。
    伝統行事は企業の儲けになりませんからね。

編集部:いっそのことクリスマス同様、
    ハロウィンを国の一大イベントにしてみては?

横尾 :10月31日はハロウィン休暇、とか(笑)。
    ついでにクリスマスを国民の休日に指定して。

編集部:いいですね。

横尾 :その二大イベントに関する飲食や買い物は所費税をかけない、とかね(笑)。
    そうしたら消費が伸びますよ。
    企業や店舗は大喜び、旅行業界と関連業界なども大賛成だと思います、
    国民も休日で喜ぶし。

編集部:つまりイベントにかけつけて企業だけが潤うのではなく、
    庶民も休暇で心身をリフレッシュする、というわけですね。

横尾 :そうです。つまり庶民の大多数が喜ぶわけです。
    渋谷でバカ騒ぎして、お金を使って、煽られているだけの若者をみると、
    情けなくなるだけです。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-11-01 09:53 | 今週の気になる? | Comments(0)

今週の気になる? Vol.375

  第375回 【世界パスタデーを知っていますか?】

編集部:さて「今週の気になる」です。

横尾 :今日はパスタの話です。
    懐かしい昭和からは少し離れて、今風の話題になりますが(笑)。

編集部:なぜ今週はパスタなのでしょうか?

横尾 :実は10月25日は「世界パスタデー」なんです。
    1995年のこの日にイアリアでEUやイタリアのパスタ製造業者が集まって、
    販売促進のキャンペーンを行ったんですね。

編集部:そうなんですか。

横尾 :まあ販促ですから、バレンタインチョコや恵方巻の世界版ですかね(笑)

編集部:横尾さんはパスタ好きですか?

横尾 :はい、大好きです。
    イタリアンは全般好きですね。ピザでもパスタでも。

編集部:そうですか。

横尾 :昔はスパゲッティといっていたのですが、
    いつからパスタになったのでしょうかね。
    その違いは何なのかと、ネットで調べると、
    パスタのなかのひとつの種類がスパゲッティで細いものを指すらしいですね。

編集部:ではお好きなパスタは?

横尾 :苦手なのはホワイトソース系と生卵です。
    カルボナーラは苦手です。
    それ以外は何でも好きですね。

編集部:行きつけのお店とか?

横尾 :やはり赤羽です(笑)。
    「ラーラ」という店では値段が手ごろで、パスタが50種類、
    ピザが20種類あります。
    ボクはここで和風のパスタが好きです。
    「しょうゆ味のナスとベーコン」がお気に入りです。

編集部:あとお好きなお店とかは?

横尾 :やはり赤羽のカツキッチンですね。
    ここのパスタはおいしいです。
    ペペロンチーノやジェノベーゼはB級ではなくA級ですね。
    今週は毎日パスタを食べようかな(笑)。

スパゲッティLALA: https://r.gnavi.co.jp/cejc7vjj0000/
東京都北区赤羽2丁目4−12 ハマナカビル

katsu Kitchen : https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13094671/
東京都北区赤羽1丁目59−6 ワコー赤羽マンション101


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-10-25 10:55 | 今週の気になる? | Comments(0)

今週の気になる? Vol.374

  第374回 【町中華が懐かしい!】

編集部:さて「今週の気になる」です

横尾 :最近気になるのは、話題になっているまち中にある
    昔ながらの中華店、「町中華」です。

編集部:はい、昔はよくみかけましたね。

横尾 :安い、おいしい、ボリューム満点、居心地、など町の人たちに
    愛されている大衆的な中華店です。

編集部:いま中華は高級店以外、日高屋などのチェーン店か人気ラーメン店に
    特化していますからね。

横尾 :なかなか町中の中華店に出合えません。
    昔は赤羽にもたくさんお店があったのですが、個人経営で高齢化や
    チェーン店で潰れて少なくなりました。

編集部:横尾さんは「町中華」で好きな食べ物は?

横尾 :ボクはどこでもラーメン、餃子、チャーハンの三種の神器ですね(笑い)。

編集部:王道ですね(笑い)。

横尾 :「町中華」は昔の醤油味の東京ラーメンそのもので懐かしいですね。

編集部:「町中華」には他では見ることのできない、
    看板メニューとか変わったメニューもありますね。

横尾 :そこがマニュアルどおりのチェーン店とは違うところなんですね。
    焼きそばやカレー、オムライスとかの定番のメニューがある事。
    そこが個人経営のよい所ですね。
    ぜひ皆さん「町中華」の情報を知っていたら教えて下さい。
    待ってます!


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-10-18 10:02 | 今週の気になる? | Comments(0)

今週の気になる? Vol.373

  第373回 【カズオ・イシグロにノーベル文学賞!】

編集部:さて「今週の気になる」です。

横尾 :先週発表のあったノーベル文学賞の話題です。

編集部:カズオ・イシグロは日系イギリス人とのことですね。

横尾 :カズオ・イシグロの両親は日本人で子どもの頃、
    学者の父親の研究のため渡英して、
    イギリスで教育を受けたのですね。
    1983年にイギリスに帰化していますから、「英国人」というわけです。
    もっとも文学には「日本人」とか「イギリス人」とか国籍は関係ないですね。
    文学作品の中身の勝負ですから。

編集部:今回の授賞は意外だったのですか?

横尾 :ブックーメーカ(賭け屋)の予想では、ケニア出身のグギ・ワ・ジオンゴ 、
    そして村上春樹の順番でした。

編集部:昨年はボブ・ディランでしたね。何か賞特有の基準や特徴があるのですか?

横尾 :よくわかりませんが最近選ばれた人では、社会派的な作家、
    社会に作品上で物申すような作家が選ばれているようです。
    「ノーベル」というダイナマイトを作った人の名を冠した賞ですから。
    逆に唯美主義的な作家は敬遠されがちですが、1968年には日本の川端康成が
    選ばれて、彼は唯芸術主義の作家で社会参加型ではありません。
    その時々の選考委員の考えもあるのでしょう。

編集部:今回のカズオ・イシグロの作風とは?

横尾 :日本で有名なのは『わたしを離さないで』です。
    テレビドラマで綾瀬はるかが主演しました。
    クローンを素材にした物語で、
    生命倫理や深い生の哲学を考えさせられる名作です。
    映画にもなっていますね。

編集部:そうですか。

横尾 :また2年前の2015年には『忘れられた巨人』が翻訳されています。
    老夫婦が謎の霧が覆う世界で、息子を探す旅に出る物語で、
    荒野をさまよう夫婦に困難が次々と襲います。
    イングランドが舞台で、時代はアーサー王伝説が支配する6、7世紀です。
    ファンタジー仕立てで、キーワードは「忘れてしまう記憶」なんですね。
    記憶が戻った時、人はどの様に現実に立ち向かうのか、という優れた寓話です。

編集部:歴史物のファンタジー仕立てで、『わたしを離さないで』が
    未来の話とすれば、逆なんですね。

横尾 :はい、そうです。
    授賞理由を「偉大な感性を持った小説によって、
    世界とつながっているという幻想に潜んだ深淵を明らかにした」
    とアカデミーが言っています。
    クローン、記憶の忘却などの題材は社会派でありながら、
    物語性や感性に訴えた芸術性豊かな作品群、ということだと思います。

編集部:出版社では大増刷ということですが。

横尾 :早川書房が版権を持っていて、これから増刷がかかり手に入りやすくなります。
    一読をお勧めします。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-10-11 10:50 | 今週の気になる? | Comments(0)

今週の気になる? Vol.372

     第372回 【中秋の名月です!】 

編集部:さて「今週の気になる」は秋の話題ですか。

横尾 :はい、今年は「中秋の名月」が10月4日水曜日だそうです。

編集部:そもそも「中秋の名月」とはどういう意味でしょうか?

横尾 :旧暦で秋の真ん中、つまり旧暦8月15日ころの月のことです。
    旧暦では7月〜9月を秋、すなわちその真ん中の8月15日ということですね。
    満月ではなくてもよく、「中秋の名月」といわれたそうです。

編集部:そうですか。

横尾 :今は秋の「満月」ということで十五夜を「中秋の満月」として定着しています。
    お供えものをする風習もありますね。
    満月は豊饒のしるしでもあり、白いお団子を供えることもありますね。

編集部:よい日本の風習ですね。

横尾 :実際の満月はその2日後ですが、10月4日は満月のように見えるらしいです。
    お供えものをする風習もありますね。
    月見酒を飲み過ぎないように(笑い)。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-10-04 15:35 | 今週の気になる? | Comments(0)

今週の気になる? Vol.371

     第371回 【まだ台風シーズンに注意!】 

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 :今年も台風シーズン真っ盛りです。
    先日も台風18号で西日本から北陸、東北、北海道にかけて大変でしたね。
    今年も10月末くらいまで油断ができません。
    地球温暖化の影響で、台風も大きくなり年平均20以上はやってきますね。

編集部:そうですか?

横尾 :最近では多い年で2013年の31、少ない年で2010年の年間14という
    数字があります。
    ちなみに今年はいま現在19です。
    去年は26、一昨年は27でした。
    あと5つか6つは来るかもしれませんね。

編集部:台風は気象情報で進路がわかりやすいから避難など準備が可能ですね。

横尾 :でも避難の遅れや予想に反して雨や風が強いこともあり、河川の氾濫などに
    注意ですね。
    早めの準備が必要です。
    いつも言われることですが、ガケなどが近いところでは、崩れないかどうかを
    普段から見守ること。
    また狭い道などでは避難路をあらかじめ何通りも調べておくことが必要です。

編集部:地震準備と異なる点は?

横尾 :早めに避難する場所を調べておくことです。
    大雨のときに水が出やすい場所もチェックしておくことも大事です。
    防災備品は地震災害同様、非常用災害袋を準備しておくことですね。
    懐中電灯、小型ラジオ、電池などは必携です。
   
編集部:あと戸建てやマンションにお住まいの方の注意点は?

横尾 :戸建ての方は家の周囲に風で飛ぶようなものを固定することですね。
    マンションの方はベランダに置いたものが飛ばないようにすることです。
    準備は何事も大切ですね。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-27 10:46 | 今週の気になる? | Comments(0)

今週の気になる? Vol.370

    第370回 【敬老の日、高齢者が気になる!】 

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 :9月18日が敬老の日だったこともあり、メディアでは「100歳以上の高齢者
    が過去最高」というニュースが流れていました。
    6万5692人が100歳以上で、毎年増えているようです。

編集部:すごい数ですね。

横尾 :昔に比べて平均寿命が伸びてきました。
    内閣府の調査では、2010年で男性79・64歳、女性86・39歳です。
    その40年前の1970年では、男性69・31歳、女性74・66歳でした
    からね。

編集部:まちを歩いていても高齢者が目立ちますね。

横尾 :はい、平日昼間とか、観光地に行くと高齢者ばかりが目立ちますね。
    ボクの住んでいる東京都北区は高齢化率が高く、東京23区平均の22.1%と
    比べて、25・4%もあります。
    だから平日昼間の赤羽なんか、高齢者と中国人ばかりが目立ちますよ。

編集部:高齢者が多いとどのような変化がまちに起きますか?

横尾 :まず接骨院はじめ医者が多いですね(笑い)。
    それから美容院も多いです。
    あと年金暮らしですから、物価が安いし、激安店が繁盛しますね。

編集部:そうですか、そんな特徴があるんですね。

横尾 :はい、あとオシャレな若い女性が好むようなカフェが少ないですね。
    若い人は少ないですからね。

編集部:でも赤羽は住みやすいまちに選ばれていましたね?

横尾 :はい、交通の利便がよいからです。
    だから休日には若い人がそれなりにまちにいますけどね。
    高齢者が多くても問題はないのですが、やはり一番危ないのは自転車や歩行者
    ですね。
    交通ルールを教わっていない戦争中や戦後すぐに生まれた世代ですから。
    あと、地域の安全・安心ですかね。
    ボクは退職後の世代をシルバー人材の有償ボランティアで、どんどん地域の
    ために手伝ってくれる人を増やしたらよいと思います。
    つまり人に投資、を若い層ではなく高齢者にも投資し、住みやすいまちにする
    ことですね。

編集部:いろいろ課題がありますね。

横尾 :「敬老の日」は高齢者感謝デーではなく、高齢とどう向き合うか、高齢化社会の
    生き方を考えるきっかけにしてほしいですね。
    テレビもこの日は、すべて高齢者が制作する高齢者向け番組にするとかね(笑い)。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-20 11:10 | 今週の気になる? | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE