週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

カテゴリ:週刊!横尾和博とは?( 4 )

 

第263回 【戦後70年、あのときの8月15日は?】

     第263回 【戦後70年、あのときの8月15日は?】

編集部:旧盆で夏休みの会社も多いようですが、今週の話題は?

横尾 :なんといっても、8月15日の「終戦記念日」でしょう。
    「敗戦記念日」という人もいますけど。
    負けたことを記憶し、二度と戦争はやらないと誓うためにですね。

編集部:戦後70年で、戦争を知っている人も少なくなりましたね。

横尾 :はい、ですから記憶を伝え次世代にバトンタッチしなければなりません。
    そこで重要なのは、理屈ではない経験の話です。
    例えば自分や自分の身内は、昭和20(1945)年の8月15日、
    天皇の玉音放送をどこで聞いたのか、その日はどこで何をしていたのか、
    という質問をみなさんにしてみたいですね。

編集部:当然70歳以下の人は生まれていないから、答えられないですね?

横尾 :はい、だから祖父母、父母、あるいは大叔父や大叔母、また叔父叔母、
    あるいは親戚でもかまわないので、あのときはどうしていたのかを聞き、
    パソコンにでも残しておくことが重要です。

編集部:それはよい考えかもしれません。

横尾 :まずボクのことから話します。
    父母もみな死んでいますから話を聞いた記憶です。
    父は兵隊で召集されたばかりで外地にでかける前、岡山で終戦を迎えた、
    と聞きました。
    母は祖父ともども杉並区の自宅で終戦を迎えたようです。
    「戦争はもうこりごりだ」と言っていました。
    父方の叔父(父の兄)3人は戦争で死んでいます。
    階級は、歳が若く徴兵だったので下級の兵隊で、死んだのは南方です。
    東京杉並出身者はみな当時の麻布連隊に入り、南方へ送られたと思います。
    母方の大叔父(祖父の兄弟)は2人死んでいます。
    こちらは年齢が上なのと職業軍人なので将校でした。
    戦後シベリア抑留で死んだといわれています。

編集部:すると、わかっているだけでお身内の方5人が亡くなっているわけですね。

横尾 :そうです。
    果たしてこのブログを読んでいただいているみなさんはいかがでしょうか?
    ぜひ、ご自分のお身内の戦争話を聞いて、それを子どもや孫たちに伝えて
    いただければと思います。

編集部:そこを原点にして戦争を考えようということですね?

横尾 :そうです。
    集団的自衛権、海外平和協力法など心地よい言葉と、観念的な言葉遊びや
    空疎な言葉が飛び交いますが、戦争をどう考えるのか、具体的に想像することが
    大事です。
    想像力やイメージが戦争を防ぐ手立てになります。
    ぜひ「国」や「社会」や「国際的」という言葉にだまされないで、
    自分の身内の8月15日や戦争に思いを馳せてほしいですね。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。
[PR]

  by weekly-yokoo | 2015-08-12 12:46 | 週刊!横尾和博とは? | Comments(0)

第260回 【安保法案衆院通過、バカな政治家のために命を落とす国民】

第260回 【安保法案衆院通過、バカな政治家のために命を落とす国民】

編集部:安保法制が強行採決されましたね。

横尾 :なんでもありの自民党と公明党、世論が反対しようが、
    憲法学者の9割が反対しようが、まったく無視。
    これで日本の政治ができるから不思議です。
    議員は見識とか良識とかいらない。
    親の代々からの世襲で「議員稼業」をやっているだけで、
    官僚が作り、政権が提案した法案にイエスを議会で示せばよいだけで、
    永田町、霞が関政治もここまで落ちたか、という感じです。

編集部:なんで変わらないのでしょうか?

横尾 :ダメ自民に飽き飽きして、2009年民主党政権に期待したのですが、
    メディアや官僚に袋叩きされましたからね。

編集部:自民党に戻って、もっと悪くなった?

横尾 :そうですね。
    民主党に代わるまでの落ち目の自民党、でも福田さん、麻生さんは、
    まだ安倍首相よりはましだったし、自民党の中にもまともな人たちがいました。
    でも今は、ある学者が言っていましたが、「チンピラ議員」だけです。

編集部:安保法案は参院に舞台が移りましたが?

横尾 :衆院60日ルールというのがあり、衆院で採決した日(7月16日)から
    60日経っても参院で議決されない場合は、衆院で再可決すれば法案が通る
    というものです。
    従って法案は9月20日前にはまず通ります。
    残念ですが。

編集部:横尾さんとして言いたいことは?

横尾 :いまの官僚や自民、公明などの議員には何をいってもムダなので、
    せめて海外の戦争に出かけていくときは自分の子どもや孫を、
    自衛隊員かどうかに関わらず最初に戦場に送りだしてほしい。
    安全だ、アメリカへの協力だ、というなら「隗より始めよ」(自ら始めろ)も
    言葉どおり、自分の家族や親族を前に出してほしい。
    抽象的なインチキ話ではなく、議員や官僚に「その覚悟はありますか?他人の
    子どもなら平気なのですか?」と聞きたいですね。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。
[PR]

  by weekly-yokoo | 2015-07-22 15:07 | 週刊!横尾和博とは? | Comments(0)

第248回 【選挙に行こう!】

           第248回 【選挙に行こう!】

編集部:今週の話題はなんでしょうか?

横尾 :先週に続き、4月26日投開票の統一地方選挙後半戦についてです。

編集部:先週は低い投票率の話題でした。

横尾 :そうです。
    知事選、道府県議会議員選、政令指定都市の市長選、政令指定都市の市議選の
    4つが闘われました。
    いずれも投票率は過去最低でした。

編集部:前半戦の結果を大きく見ると、どのような分析が?

横尾 :低投票率のなかで自民党は議員数を増やしました。
    しかし得票数は道府県議選でみた場合、自民党が前回2011年より約75万票
    減らし、民主党も約218万票減、一方共産党は62万票増やしました。
    安倍政権の批判票だと思います。

編集部:後半戦は?

横尾 :身近な市区町村の首長選挙と議会の議員選挙です。
    東京では前半戦がなかったので、あまり選挙の雰囲気がありませんが。

編集部:でも大事な選挙ですよね。都市部は投票率が低いことが心配されます。

横尾 :そうです。
    新住民が多い地域は、誰に投票してよいかわからず棄権になるのでしょう。
    国政だとメディアが一定報じていますから。
    東京23区では世田谷区長選が、唯一自民対野党の対決構造ですね。
    現職の非自民候補に、自民党新人が対抗馬をたてているので。

編集部:選ぶ基準は人それぞれでも関心を持つことが大事ですね。

横尾 :選挙は私たちの権利を表現する数少ない機会です。
    期日前でも指定の投票所で投票できます。
    必ず選挙にいきましょう。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。
[PR]

  by weekly-yokoo | 2015-04-22 10:49 | 週刊!横尾和博とは? | Comments(0)

週刊!横尾和博

「週刊!横尾和博」

このネットマガジンでは、各界を通じて見聞の広さでは定評のある評論家・横尾和博氏が
毎週、旬な話題をテーマに取り上げて、その鋭い切り口で様々な論評を繰り広げていきます。


※今後、週刊!横尾和博で取り扱ってほしいテーマなどありましたら、コチラまでメールを下さい。
 参考にさせて頂きます。

メール : weekly_yokoo@yahoo.co.jp
[PR]

  by weekly-yokoo | 2010-06-30 10:40 | 週刊!横尾和博とは?

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE