週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第353回 【内に閉ざす国家を見張る!】

    第353回 【内に閉ざす国家を見張る!】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :共謀罪の採決が衆議院で強行され、自民、公明、維新の賛成で委員会を通過し、
    参議院へ送られます。
    6月18日の国会会期末に向けて可決成立するようです。

編集部:このことは何度もこのコーナーで指摘されていました。 

横尾 :はい、「テロ等準備罪」と国民の理解を得やすいような名前の法律案ですが、
    実際はテロ目的ではなく、実行しないのに捜査、逮捕できる国民監視の危険な
    法です。
    この法により市民運動や社会活動が委縮する、という心配があり、権力者に
    対して声を挙げるのを自主規制する動きになります。

編集部:事前の監視も法がバックにあるのでやりやすくなる?

横尾 :今でも非公然に監視の目は光っていますが、これからは法の裏付けにより大手を
    振って警察が国民を監視できます。
    警察予算が増えて、東京オリンピックを錦の御旗にして国民監視が強化されます。

編集部:一般人は関係ない、と思いますが?

横尾 :国会答弁は一般人も対象と明言しています。
    なぜなら社会活動をする人と一般人の区別がつかないからです。
    冤罪事件も増えます。
    明治の終わりの大逆事件も冤罪でした。

編集部:イヤな時代ですね。

横尾 :国家や統治機構、為政者は権力維持のために、常に内へ閉ざそうとする必然性が
    あります。
    どんな国家もそうです。
    極端なのはナチスドイツ、旧ソ連、いまでは北朝鮮です。
    また民主主義国家、と言われている国も同様です。
    そのために情報公開や議会や裁判所など、閉ざそうとする国家に対して開こうと
    する制度が民主主義国家では担保されています。
    でもいまの日本はそれが機能していません。

編集部:なぜでしょうか?

横尾 :ずばり自己保身です。
    情報公開では黒塗り文書を平気で公開、森友学園や加計学園問題では、
    問題になった文書はない、と言い張る。
    裁判所は国の顔色ばかり見て、三権分立が成り立たないんです。
    ゆえに日本はこの先時間をかけて北朝鮮のような国家になっていくと思います。
    個人崇拝ではなく集団指導体制による柔らかな独裁国家、になると思います。
    共謀罪成立はその第一歩だと思います。
    ボクらは閉ざす国家を見張ることしかできないですね、残念ですが。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※お知らせ 東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-05-24 10:45 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.353

    第353回 【自然の定点観測から見えること!】 

編集部:「今週の気になる」をお願いします。

横尾 :季節もだいぶよくなり、自然は初夏を迎えています。
    そこで自然観察が気になりました。
    ボクもたまに近くの荒川河岸に散歩に行きますが、空の色や地面の草花、
    風や樹木、鳥や虫など深い興味を持って見たことがありません。
    ただ何気なく見ているだけです。

編集部:普通はみなそうですよね。

横尾 :はい、でもボクの友人に何十年と同じ場所で自然を定点観測している人間がいます。
   たとえば毎朝コースを決めて散歩しながら、自然の様子を観察している感じです。

編集部:それは博物学者みたいな人ですね、すごい。

横尾 :彼は生まれたときから東京の杉並区に住んでおり、自然の変わりゆく姿を観察
    しているのですね。
    善福寺川が流れているその周辺です。

編集部:観察日記などもつけているのでしょうね?

横尾 :記録をつけていると思います。
    写真も撮っていますね。

編集部:何十年だとそれだけで貴重な記録になりますね。

横尾 :彼にとっては観察する人間が主人公ではなく、虫や草花が主人公で、
    人間が逆に観察される側ではないか、と思います。
    主客が逆転した発想ですね。
    ゆえに自然が変わっていくのではなく、自然の側から見ると人間が変わって
    いくように見えるのではないでしょうか。
    そういう発想に立つと自然観察はおもしろいかもしれません。

編集部:そうですね。

横尾 :ボクも散歩するときは、そういう視点で観察してみたいと思います。
    自然の側から見ると、人間や世界はどう見えるのだろうか、と。
    皆さんもぜひ発想の転換で散歩を楽しんではいかがでしょうか(笑い)。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-05-24 10:41 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.353

先月、会社の近くにあったドラッグストアが閉店しました。今まで週に2回は行っていたので、本当に不便で仕方ないです。あそこにドラッグストアがあったことはすごく幸せなことだったな、と今更噛みしめています。そして今週、家から一番近いスーパーが閉店します。しかもそのスーパー、24時間営業でかなり便利でした。閉店が今から怖いです。
ベタですが、今まで当たり前にあったものの大切さって、なくなってから気がつくんですよね。本当に。
私がそれを一番感じるのは、腹痛のときです。腹痛に襲われると、いつもはなんて幸せな生活を送っているのか、もっと腹痛がないことに感謝して生きていこうと、昔から腹痛の度に必ずそう思います。でも痛みが治まるとそんなこと一切忘れてしまうんですよね。まあ、これが人間ってものなのかなとも思いますが。でもたまには当たり前にあるものに幸せを感じて、感謝して生きていきたいなと思います。小さいことですが、何か嫌なことがあった時とかに、“でも今お腹痛くないしなあ”と思い出せば少しは幸せな気持ちになれる気がします。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2017-05-24 10:38 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE