週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第384回 【2017年の重大ニュース】

   第384回 【2017年の重大ニュース】

編集部: 今週の話題からお願いします。

横尾 : 2017年もあと数日で終わりです。
     そこで今年の重大ニュースを挙げてみたいと思います。

編集部: お願いします。

横尾 : まずは政治です。
     安倍政権が北朝鮮ミサイル問題や野党第1党の民進党分裂による追い風で、
     10月の衆院解散・総選挙で圧勝したことが一番です。
     今後数年は安倍政権の継続で、日本はタカ派路線の軍事大国として
     戦争の危機にいつも隣り合わせにいることになります。

編集部: やはり安倍政権の「北朝鮮圧力シフトが鍵」ということでしょうか?

横尾 : そうですね。
     あとはアメリカのトランプ政権の動向で、世界中どこにでも自衛隊が
     参加することでしょう。
     特に危ないのは中東とアフリカです。

編集部: 国内の政治ニュースでは?

横尾 : 森友、加計学園の認可問題、安倍さんのオトモダチ人脈の疑惑でした。
     安倍一強のもとで、ついに解明できないままでしたね。

編集部: 小池都知事の話題もありました。

横尾 : はい、ものすごい勢いで都民ファーアスト、希望の党と
     総選挙前に踊りでましたが、民進党からの議員を
     選別、排除発言で、流れが一気に変わりました。
     枝野さんの立憲民主党が生まれるきっかけになりました。

編集部: 経済のニュースでは?

横尾 : 大企業は景気がよくても、中小・零細企業は賃金や単価も上がらず苦しい、
     ということです。物価もじわりと上がっています。
     でも2020年東京オリンピックの後は、また不景気がやってきます。
     大企業と零細業者、高所得者と非正規労働者などの
     二極構造がますます進んでいます。

編集部: 社会的なニュースでは?

横尾 : やはり座間の自殺サイト殺人、9名が亡くなった事件で猟奇的でした。
     社会への絶望、希望が持てない若い人の自殺願望が多いのはつらい事件です。

編集部: さて来年はどのような年に?

横尾 : 大きな変化はなく、今年の続きのような年でしょう。
     大きな選挙もない年ですし、オリンピックまではこのまま景気は
     続くでしょう。
     でもあと2年後は、政治、経済、庶民の暮らしなど大きく変わる気がします。

編集部: はい、ありがとうございました。1年間お疲れさまでした。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-12-27 09:03 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.385 今週の気になる? Vol.384 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE