週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

373回 【衆院選公示、民進党潰して憲法改悪!】

373回 【衆院選公示、民進党潰して憲法改悪!】

編集部:今週も話題は当然衆院選挙ですね?

横尾 :10日公示、22日投票で行われます。
    今回は自民公明×希望維新×立憲民主共産社民の3極の戦いです。
    結局、小池新党は大騒ぎしたけど「民進党潰し」に一役かっただけでした。

編集部:民進党は希望、立憲民主、無所属と3つに分かれましたね。

横尾 :はい、これで民進党は選挙で落選者が続出し、
    立憲民主は少数政党になっていくでしょうね。

編集部:でもまだ自民党には勝てない?

横尾 :はい、これからメディアの世論調査が続々と登場しますが、
    自民VS.希望がどのくらいの支持の数字をとるか、
    22日の投票日直前までわかりません。

編集部:小池さんの思惑は、どこにあったのでしょうか?

横尾 :民進党潰しと、自公を過半数割れに持ち込み、
    希望が第1党で首相になりたかったのでしょう。
    今現在、各メディアの世論調査では希望の党は、
    比例の政党支持率で自民党の半分もいっていません。
    先週の朝日新聞でも自民25%、希望12%です。
    立憲民主は7%です。
    ざっくり言うと希望は自民の半分、そのまた半分が立憲民主となります。

編集部:いま小池さんが選挙に出て衆院議員になっても首相にはなれない?

横尾 :この支持率では、国会の首班指名選挙で安倍さんに負けますからね。
    小池さんは作戦を変えましたね。

編集部:すると小池さんの今後の戦略は?

横尾 :次のチャンスを待つのでしょう。
    後は再来年7月の参院選で、自民党大敗状況を作るのでしょうが、
    そう簡単にはいきませんね。
    あっ!と驚く奇策がない限り、首相にはなれないでしょう。
    ここ数年のポイントは、天皇退位、消費税10%に引き上げ、
    2020年の東京五輪です。
    それに合わせた焦点を作り出せるかどうか?です。

編集部:そうすると自民と希望の政策の違いはあまりない?

横尾 :原発、消費税などをマスコミは比べていますが、
    ホントの争点は「憲法改正」です。
    自民、公明、希望、維新で衆院議席の3分の2とって改憲の発議をします。
    今回の小池騒動はそのための民進党潰し、だったのですね。
    だから選挙後は大連立で希望、維新が自民、公明とくっついて
    体制翼賛会になる状況が生まれるかもしれません。
    民進党潰しで安倍さんと自民に貸しを作ったのですね。
    逆に首相指名選挙で、自民党の分裂を誘い、安倍さん以外の
    自民党大物議員を希望の党が指名する、ひと騒動の道を選ぶかもしれません。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-10-11 10:55 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.374 今週の気になる? Vol.373 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE