週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

編集後記 Vol.373

子供の頃、街中で行われている工事はいつか終わるものだと思っていました。未舗装の道はアスファルトにすべて変わり、空き地には家が建ち、それで終了だと。しかし、実際は道路の補修は繰り返され、家の立て直しや再開発による工事は終わることなく続いています。当たり前なんですけどね。早く静かな街になればいいのにとの願望がそう思い込ませたのかもしれないですね。そして、もう一つ選挙運動というのは変わるものだと思っていました。街中を大きな声でがなり走り回るのも、時代が変わればなくなると勝手に思っていましたが、消えたのはチリ紙交換の声くらいです。やれSNSだやれAIだと、コミュニケーションツールの発展変化に伴い情報の発信や伝え方も変わってきているはずなのに。人間の暮らす街が静かな時代になるにはもうしばらくかかりそうですね。

[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-10-11 10:45 | 編集後記 | Comments(0)

<< 今週の気になる? Vol.373 372回 【小池新党で大荒れ!... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE