週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.370

    第370回 【敬老の日、高齢者が気になる!】 

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 :9月18日が敬老の日だったこともあり、メディアでは「100歳以上の高齢者
    が過去最高」というニュースが流れていました。
    6万5692人が100歳以上で、毎年増えているようです。

編集部:すごい数ですね。

横尾 :昔に比べて平均寿命が伸びてきました。
    内閣府の調査では、2010年で男性79・64歳、女性86・39歳です。
    その40年前の1970年では、男性69・31歳、女性74・66歳でした
    からね。

編集部:まちを歩いていても高齢者が目立ちますね。

横尾 :はい、平日昼間とか、観光地に行くと高齢者ばかりが目立ちますね。
    ボクの住んでいる東京都北区は高齢化率が高く、東京23区平均の22.1%と
    比べて、25・4%もあります。
    だから平日昼間の赤羽なんか、高齢者と中国人ばかりが目立ちますよ。

編集部:高齢者が多いとどのような変化がまちに起きますか?

横尾 :まず接骨院はじめ医者が多いですね(笑い)。
    それから美容院も多いです。
    あと年金暮らしですから、物価が安いし、激安店が繁盛しますね。

編集部:そうですか、そんな特徴があるんですね。

横尾 :はい、あとオシャレな若い女性が好むようなカフェが少ないですね。
    若い人は少ないですからね。

編集部:でも赤羽は住みやすいまちに選ばれていましたね?

横尾 :はい、交通の利便がよいからです。
    だから休日には若い人がそれなりにまちにいますけどね。
    高齢者が多くても問題はないのですが、やはり一番危ないのは自転車や歩行者
    ですね。
    交通ルールを教わっていない戦争中や戦後すぐに生まれた世代ですから。
    あと、地域の安全・安心ですかね。
    ボクは退職後の世代をシルバー人材の有償ボランティアで、どんどん地域の
    ために手伝ってくれる人を増やしたらよいと思います。
    つまり人に投資、を若い層ではなく高齢者にも投資し、住みやすいまちにする
    ことですね。

編集部:いろいろ課題がありますね。

横尾 :「敬老の日」は高齢者感謝デーではなく、高齢とどう向き合うか、高齢化社会の
    生き方を考えるきっかけにしてほしいですね。
    テレビもこの日は、すべて高齢者が制作する高齢者向け番組にするとかね(笑い)。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-09-20 11:10 | 今週の気になる? | Comments(0)

<< 370回 【北朝鮮はどこまで核... 編集後記 Vol.370 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE