週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第360回 【懲りない安倍政権!】

     第360回 【懲りない安倍政権!】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :都議会議員選挙で現有議席57から23と半減して、歴史的な大敗を喫した
    自民党、安倍政権ですが、外目にはどこ吹く風で、口からだけの反省しか
    述べていません。

編集部:やはり先週の予想どおり、8月初旬に内閣の大臣の顔ぶれを替えて、
    イメージアップですか?

横尾 :その路線ですね。
    国民の静かな怒りの目をそらせようとしています。
    懲りていないんですね。

編集部:国民は怒っているのですか?

横尾 :はい、そう思います。
    コネとカネの政治、つまりオトモダチ政治が安倍政権の特徴ですが、
    国民の怒りが彼らはわかっていない。
    つまり安倍政権の支持率が高いように見えるのは、「ほかに替る人がいない」
    「民進党は頼りない」、という消極的な理由なんですね。
    そこへ小池都知事と「都民ファーストの会」が期待を持たせたわけですから、
    支持が集まるのは当然。
    自民はダメ、民進党もイヤという層に大ウケになるわけです。

編集部:今後はどうなりますか?

横尾 :衆議院議員の任期は来年12月までです。
    それまでに安倍さんは解散総選挙にうってでます。
    勝つ戦術はただひとつです。
    「消費増税10%引き上げ時期の凍結」で、ウケを狙います。
    それに対して小池新党は国政に進出するでしょう。
    しかし小池新党は全国で候補者を立てられないし、準備が間に合わない。
    ゆえに目標を、公明党を上回る議席獲得にして、自民党に揺さぶりをかけて
    きますね。

編集部:そうするといまの野党が困りますね。

横尾 :民進、共産、自由、社民は野党統一候補で闘い、一定程度の議席は獲れます。
    でも小池新党にメディアの注目も集まり、野党共闘は前進しません。
    何年か前に大阪維新の会が同じような手法をとりました。
    ボクは公明党を第2自民党、大阪維新の会が第3自民党のようだと思ってい
    ます。
    小池新党が第4自民党にならないように、期待に応えてがんばってほしいと
    思います。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)

 北海道新聞掲載、村上春樹・川上未映子『みみずくは黄昏に飛びたつ』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-07-12 10:50 | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.361 今週の気になる? Vol.360 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE