週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.354

       第354回 【「プレ金」はムリがある】 

編集部:「今週の気になる」をお願いします。

横尾 :先週の5月26日(金)で、「プレミアムフライデー」が実施されてから4回目
    でした。
    新聞などでは実現に厳しい声が寄せられていました。

編集部:月1回の月末の金曜日は午後3時で仕事を辞める、という働き方ですね。

横尾 :経済産業省や経団連で作る協議会が呼びかけましたが、多くの企業はムリがある
    ようです。
    どこの企業も人員ギリギリで仕事しているので、3時退社で残った仕事を振り分
    けたり、シワ寄せするのか、ということですね。

編集部:また今はサービス業が多いから、どうしても大企業の正規社員、ホワイトカラー
    のイメージですよね。

横尾 :昔、ボクたちが若いころ、ホワイトカラーは土曜日午前勤務でした。
    工場などの現業は夕方4時までで、土曜日は残業しないとか。

編集部:そうですか!

横尾 :だから週休2日制が導入されたときもかなり抵抗があり、まずは月1回を土曜日
    休みに、その後月2回土曜日休みに、と順番にやりました。
    そして役所、銀行など公的機関を土曜休みにした経過があります。

編集部:順番で抵抗を少なくしたのですね。
    
横尾 :はい、でもいまでも建設業は土曜日仕事で、彼らは日曜日、週1回休みです。
    だから本気で「プレ金」やるなら、官公庁や公的機関などが全面的に実施しない
    とムリですね。

編集部:そうですね。世間がみな働いているのに、自分たちだけ3時退社でビール飲んで
    いるのは、なにか違和感ありますよね(笑い)。

横尾 :そう、そう。
    労働時間短縮は大賛成。
    あとは時給で働く非正規の人たちや、労働全体の問題を考えなければダメです。
    消費効果を狙うだけでは、いずれ「プレ金」は廃止になると思いますよ。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-05-31 10:37 | Comments(0)

<< 第354回 【加計学園をめぐり... 編集後記 Vol.354 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE