週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第346回 【ニュースを深読みの習慣を!】

    第346回 【ニュースを深読みの習慣を!】

編集部:4月新年度に入りました。今週の話題は何でしょうか?

横尾 :お花見でみなさんの関心が薄いと思いますが、あえて政治の話題です。
    問題山積みなのになぜ安倍政権が倒れないか、ということです。

編集部:ずばりなぜでしょうか?

横尾 :それはメディアの力です。
    メディア対策を徹底的にやっているからです。

編集部:国民にニュースの深層が伝わらない?

横尾 :そうですね。
    森友学園問題、南スーダン戦闘日報の隠ぺい、共謀罪、文科省の天下り、
    アベノミクスの失敗、どれをとっても昔なら首相辞任の政権崩壊してしまう
    ような出来事です。
    それをメディアと首相官邸のメディア対策を担当している官僚の操作で、
    話題をコロコロ変えられてしまいます。
    次から次へと新しい話題をテレビ中心に報じさせるんですね。
    その一方、NHKなどは「北朝鮮怖い」のニュースを毎日流しています。

編集部:それで政権への不信感が国民の間に湧いてこないのですね?

横尾 :もちろん国民の無関心も責任あると思います。
    それが一番の原因でしょう。
    あと数年経って、日本が大きな曲がり角を進んでしまったときに、
    「聞いてないよ!」と国民が言っても、もう遅いと思います。
    その「聞いてないよ!」という被害者意識だけでは、手遅れになりますね。

編集部:それは戦争などの安全保障、経済・雇用、年金や医療など私たちの暮らしの
    中で重要なものですか?

横尾 :はい、そうです。
    国民生活に関連深いものがどんどん危なくなります。
    つまりボクたちの暮らしの質がダウンしていくということです。
    典型例が「保育園落ちた!」という待機児童問題ですね。

編集部:でも毎日忙しくてニュースに目が向かないですね。

横尾 :いまはネット時代、通勤や通学の間にスマホで、新聞社のサイトを見た方が
    よいですね。
    いまは新聞を読まない人が多いですが、東京だと東京新聞は安いし読み応え
    あるので、手にする習慣をつけるとよいかもしれません。
    そしてそのニュースを深読みすることが大事です。
    このニュースの背景は何だろうか、と。
    特に新年度で生活習慣が変わるとき、毎日のニュースに注目してみるのも
    よいかもしれません。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。



※お知らせ 東京新聞掲載、村上春樹『騎士団長殺し』書評(筆者 横尾和博)


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-04-05 10:47 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.347 今週の気になる? Vol.346 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE