週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第340回 【TVニュースが日本の将来をダメにする!】

 第340回 【TVニュースが日本の将来をダメにする!】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :「日本の将来をだめにするシリーズ」の2回目です。
    今回は報道としてのテレビの役割について考えます。

編集部:テレビ報道がダメなのは、横尾さんがよく指摘されていますね。

横尾 :はい、NHKはじめ、いまのテレビ各局の報道、ストレート・ニュースや
    ニュース・トークショーがホントのことを伝えていないことは、
    いつも言い続けています。
    言い続けないと、世間的にはバラエティ番組は「作り」だけど、ニュースは
    真実だと思っている人が圧倒的です。

編集部:はい、そう思います。

横尾 :でもニュースの取り上げ方には、3つのポイントがあります。
    まずそのニュースを放送する「価値」の問題です。
    番組で取り上げられない地味なニュースこそ庶民の暮らしにとっては「価値」
    があるはずですが、「地味ネタ」ということで排除されます。
    次にニュースの並べ方と扱う分量です。
    最近のNHKは冒頭に、今だと大雪などの災害ネタ(ニュース)を多くやります。
    そして30分の番組枠内では、最後のほうに30秒くらいで国会の話をします。
    つまり扱いが小さいのです。

編集部:そうかもしれません。

横尾 :そして最後のポイントは、ニュースが現象だけを伝え、「なぜ」、「どうして」
    という本質を伝えません。

編集部:ということは、どうなりますか?

横尾 :庶民はいつも政府発表や当局発表のニュースばかりを鵜呑みにします。
    アメリカではトランプ政権に記者会見で記者が突っ込みます。
    あのようなことは日本ではありません。
    昔はあったのですが。
    各社の姿勢と記者のことなかれ主義、またエリートで権力機構への反発心が
    ないことが原因です。

編集部:どうすればよいですか?

横尾 :メディアを疑う、情報をどのように受けとるべきか、教育や訓練が大事ですね。
    ネットでも同じことで、ネットに書いてあることをすべて全部受け入れる、
    というのが間違いであることは、わかることだと思うのですね。

編集部:最近ネットでの偽ニュースが問題になっています。

横尾 :偽ニュースに踊らされるようだと、ホントにこの先日本は沈没です。
    北朝鮮の個人崇拝の独裁体制とは違いますが、一部政治家、官僚、財界による
    柔らかな永久独裁体制の進行がいまの日本の姿なのです。


d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。


[PR]

  by weekly-yokoo | 2017-02-22 10:55 | バックナンバー | Comments(0)

<< 編集後記 Vol.341 今週の気になる? Vol.340 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE