週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第327回 【「トランプ大統領」こうなる!】

       第327回 【「トランプ大統領」こうなる!】

編集部:先週のアメリカ大統領選挙は意外でしたね。

横尾 :「番狂わせ」というのがメディアの論調でしたね。
    でも日本の識者のなかで、世論調査などはアメリカ東部や西部の一部の
    中産階級層の意見であり、ホントの保守的な中西部の「アメリカ庶民」層の
    データは反映していない、という見解を示している人もいました。

編集部:でも大方の予想はハズレましたね。

横尾 :そうですね。
    ボクもヒラリーが勝つと思っていました。
    最近いろいろな予想を外しています(笑い)。

編集部:日本との関係がどうなるのか、どのメディアも気にしています。
    この件で横尾さんの大胆な予想はいかがでしょうか?


横尾 :どうせ外れるかもしれませんが、トランプ大統領誕生で日本との関係は
    さらに日本が「ポチ化」することだと思います。
    つまり対米従属がますます強まる、植民地化する、ということです。

編集部:それはどうしてでしょうか?

横尾 :つまりトランプ氏は「強いアメリカ」を演出します。
    すると彼に人的パイプがない日本政府は、より多くの貢物(みつぎもの)を
    持っていかざるを得ない、ということです。
    古今東西いわれている「貢物外交」というヤツです。

編集部:なるほど。

横尾 :さらにわかりやすく言えば、パイプのない人だから盆暮れの付け届けを多く
    する、ということです。

編集部:具体的な付け届けの内容は?

横尾 :ひとつはTPPに替る、日米二国間の協議でアメリカの規制緩和に応じること。
    二つめは米軍の駐留経費の負担をさらに増やすこと。
    三つめは「世界の警察」であるアメリカの肩代わりで日本の軍隊(自衛隊)が
    世界に展開することでしょう。

編集部:いずれにしてもオバマ政権のときよりもさらに関係が深くなるということですね。

横尾 :そうです。
    アメリカの属国、植民地の度合いがさらに深まり、お金、規制緩和のほかにも、
    日本の貧困層をアメリカの市場に差し出すという金、人、法律をトランプ政権に
    渡すことになりそうです。
 

d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。

 
[PR]

  by weekly-yokoo | 2016-11-16 11:13 | バックナンバー | Comments(1)

Commented by イトウ at 2016-11-16 13:17 x
なーるほど、だからなーんも考えずあわててトランプに会いに行くわけですね。本当にやめてほしいですね。

<< 編集後記 Vol.328 今週の気になる? Vol.327 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE