週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

今週の気になる? Vol.115

               第115回 【古書店に行こう!】

編集部: さて今週の気になるですが?

横尾 : 最近はネットの発達で、本を読まない人が増えた、といわれています。
      本の文化を愛する者には悲しいことですが。

編集部: 読書の楽しみを、子どものときから本に触れることで知ってもらいたいですよね。

横尾 : ボクらの若いころも「明日のジョー」や「カムイ伝」とかのマンガをよく読んで、
      いまの若い世代はマンガばかり読んでいてしょうがないと
      おとなたちに言われたものですが(笑い)。
      でもボクらは同時に、マルクスから吉本隆明、大江健三郎も読みましたけど。

編集部: 1960年代後半から70年代にかけては、
      カウンターカルチャーの時代といわれていますね。


横尾 : ボクらは本を探しに古本屋めぐりをするのも好きでしたね。
      神保町、早稲田の古本屋街はよくいきました。
      あと高円寺、吉祥寺、下北沢の古本屋にも顔を出しました。
      いまは古本といえばネットや「ブックオフ」の時代で、
      お目当ての本を探す楽しみがなくなりました。

編集部: 古書店といえば、名物オヤジみたいな人がいて、
      なかなかドアを開けにくい雰囲気がありましたよね。


横尾 : それがよいんですよね。
      何も買わないで見るだけが多いんですが(笑い)。
      いまはその古本屋も少なくなり残念です。
      ボクの知り合いが東京の京王線調布駅北口のすぐ近くで
      古本屋をやっています。
      「古書円居」(まどい)といいます。
      ぜひ訪ねて店のご主人と会話してみてください。
      古本屋さんの話、本文化の話、1970年ごろの話など、
      きっとオモシロイ話をたくさん聞くことができると思います。
      古本屋さんは、人の出会いの場所にもなると思います。

      「古書円居」
      〒182-0024 
      調布市布田1-43-3 オリエントマンション102
      042-483-8950
[PR]

  by weekly-yokoo | 2012-09-12 11:07 | 今週の気になる? | Comments(0)

<< 第115回 【暑い夏だったが、... 編集後記 Vol.115 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE