週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第386回 【なぜかスッキリしない大相撲!】

   第386回  【なぜかスッキリしない大相撲!】

編集部: 今週の話題をお願いします。

横尾 : 大相撲初場所が14日から国技館で始まりました。
     勝負の行方は別として、日馬富士暴行事件から始まった一連の
     騒動がなんかスッキリしないまま本場所を迎えてしまいました。

編集部: 相撲協会も貴乃花親方も手打ち、ですかね?

横尾 : いやぁ内部では相当しこりが残っているはずで、
     また吹き出してくると思いますよ。
     とりあえず本場所なので一時休戦でしょう。

編集部: 相撲協会はコトを収めたいですよね。

横尾 : 立行司の木村伊之助のセクハラ事件までおまけにつきましたからね。

編集部: 一連の騒動を横尾さんはどうご覧になっていますか?

横尾 : ボクはまず身内に甘い相撲協会、という印象ですね。
     日馬富士も退職金が付く、本人の引退届による引退。
     伊勢ケ浜親方処分、行司の処分、世間的に見ればみな甘いように感じます。
     ただテレビや識者があまりいろんなことを言わないほうがよいと思います。
     なぜならボクは相撲を格闘技の興行だと思っていますから。
     一種のショーです。
     今回の事件もショーの一環としてみれば良いと思います。

編集部: つまりその興行にいちいち目くじらを立ててもという考えですか?

横尾 : はい、そうです。
     つまり国技とか神事、そんなだいそれたことを言わないで、
     相撲ショーだと思えば、一連の騒動もある程度は
     納得がいくのではないでしょうか。

編集部: つまり理念や相撲道だとか、あまりカッコつけないということですね?

横尾 : そうじゃないと変な方向に議論がいってしまいます。
     モンゴル人を含めて外人はダメなのか?
     相撲道っていったい何か?
     伝統的な国技、神事ならお相撲さんは
     みな身を清くしていなくてはならないのか?などなどです。

編集部: つそうですね、だからスポーツだと?

横尾 : ボクはそう思います。
     狭い世界の特殊な人間関係で成り立っている世界ですから。
     あまり外部がごちゃごちゃ言わないほうがよいと思いますね。
     今回の初場所の成績と、今後の相撲協会の出方が気になりますけどね。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-01-17 09:04 | バックナンバー | Comments(0)

今週の気になる? Vol.386

 第386回 【 JR山手線 新駅名を提案! 】

編集部:「今週の気になる」です。

横尾 : 先週の編集後記にもありましたが、JR山手線の新駅が品川駅と
     田町駅の間に建設されます。
     山手線30駅目となり、開業予定は2020年ですが、
     名前もまだ決まっていません。

編集部: はい、そうですね。

横尾 : そこで「勝手に新駅を命名」してしまおうと考えました。

編集部: お願いします!

横尾 : すでにネットでは候補のアンケート結果などが載っています。
     まずそれをたたき台に。
     支持が高い順に高輪、芝浦、泉岳寺、新品川などが挙がっています。

編集部: 地理的にはやはり高輪?

横尾 : 泉岳寺、芝浦も近いですが…

編集部: 地元の人は自分たちの町の名をつけたがる?

横尾 : はい住民運動が起きたりして、鉄道会社はめんどくさいので、
     よく使う手ですが「新」とか「東西南北」のどれかを頭につけますね。

編集部: メトロの新しい駅はみなそんな名前前です。

横尾 : ボクが使う東京メトロ南北線なんか「赤羽岩淵」「王子神谷」「溜池山王」など
     2つの地名をくっつけただけですから(笑)。

編集部: そうですよね(笑)。

横尾 : ボクは元々古い町名を残しておきたいほうなので、
     高輪、芝浦、泉岳寺などにしてほしいです。

編集部: 伝統のある町の名や駅が、地図や呼称で消えていくのは寂しいですね。

横尾 : はい、ただでさえ東京はオリンピックで再開発が進み、
     変化を遂げていますからね。
     旧き良きモノ、この場合は名前ですが残したいものです。


[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-01-17 09:03 | 今週の気になる? | Comments(0)

編集後記 Vol.386

小学生の頃の鶴亀算が理解できず、以降文系として人生を歩んできました。しかし、自分の人生も半分くらいすぎたので、今度は理系で生きてみようと年頭に思いました。とりあえず、最初につまずいた鶴亀算に挑戦してみました。ネットで調べてみると、今でも鶴と亀のビジュアルイメージにとらわれて算数的な事と混乱してしまう子供が多いようです。中学生で習う連立方程式で解ける問題を鶴と亀で解こうってことでもあるようですが、小学生ならどうしても「鶴の恩返し」や「ウサギとカメ」なんかの童話に脳を持っていかれちゃいますよね。もとは、中国の数学書「孫子算系」のキジとウサギを江戸時代にめでたいウサギとカメに変えたとか。そんな古い算出の仕方の歴史をたどらされてもという気がします。いっそ、算数でも方程式を使うように始めれば混乱もなくなるのでは?ちなみに、今やってみてようやく鶴亀算の仕組みが分かりました。応用問題もやってみて同じやり方で解けたのでちょっと面白くなってきましたが、応用問題の文章の方に興味が行ってしまうところもあり、文系癖を更生していくのはまだまだ時間がかかりそうです。

[PR]

  # by weekly-yokoo | 2018-01-17 09:00 | 編集後記 | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE