「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
週刊!横尾和博
週刊!横尾和博

第315回 【世田谷区にみる地方自治のあり方】

      第315回 【世田谷区にみる地方自治のあり方】

編集部:今週の話題をお願いします。

横尾 :東京・世田谷区の保坂展人区長の新刊『脱原発区長はなぜ得票率67%で再選
    されたのか?』(ロッキングオン)が8月10日に出ました。
    それを読んでいると地方自治の原点が見えてくるようで、国政全般にあまり
    希望の持てない人にも、希望が湧いてくると思いました。

編集部:保坂区長は現在2期目でしたか?

横尾 :はい、東日本大震災の翌月の2011年4月の選挙で当選し、
    昨年4月の選挙で自民党、公明党の公認候補をダブルスコアで破りました。
    約19万6千票対約9万6千票、約10万票の大差です。
    1期目の実績があったとはいえ、かなりの大差です。
    この選挙で保坂さんは、政党の推薦を受けずに市民派として、
    多くのボランティア市民に支えられて再選されました。

編集部:その大差で勝った秘密が本の題名ですね?

横尾 :そうです。
    たとえば基本理念である「せたがやYES!」という考え方です。
    「せたがやYES!」には自分たちの住んでいる世田谷区を、もっと良くしようと
    いう思いが込められています。
    住民による、住民のための自治体運営を育てるために、だれか任せではなく、
    自分たちの力が必要だ、という発想です。
    政治とは、社会をよりよく改善する仕事で、そのためには、あれもこれもダメ
    という否定からは、新たなスタートはありません。
    「いいまちをつくろう」「一緒に力をあわせよう」「世界に発信する世田谷を
    つくろう」という呼びかけが大切で、それが支持されたんですね。

編集部:個別の政策はどうですか?

横尾 :個別の政策では、高齢者の人たちの生き方や待機児童、若者の自立支援、
    環境や脱原発姿勢、地域の産業政策など地方自治体が抱える暮らし全体の問題
    を、既成概念にとらわれずに見直しています。

編集部:区民が大差で支持した理由は何でしょうか?

横尾 :複合的な理由があり、一言ではいえないかもしれませんが、
    実績と、その「せたがやYES!」という理想ですね。

編集部:待機児童問題が象徴ですが、政治が身近になるように感じてほしいですね。

横尾 :そうですね。
    保坂区長はよく区内の現場に出て、シンポジウムやいろいろな会合にも顔を
    出しているようです。
    「飛び出す区長!」です(笑い)。
    役人に任せずに、とても良いことだと思います。
    今後は世田谷に注目、とくに「せたがやYES!」という言葉に注目する必要
    があると思います。
    民主主義の原点、地方自治の基本、政治は理想だけでなくリアルだけれども、
    そこに理想をめざす希望の種があると思います。

編集部:世田谷区は人口も多いですよね。

横尾 :約89万人だそうです。
    世田谷区よりも人口の少ない県が島根、鳥取など7つもあるそうです。
    都道府県と同じくらいの影響力はありますよね。
    今後も地方自治のモデルになるようにがんばってもらいたいですね。

d0178451_11133595.jpg
 『脱原発区長はなぜ得票率67%で再選されたのか?』
 保坂展人 著 (ロッキング・オン)
 http://www.rockinon.co.jp/product/magazine/detail/143282










d0178451_11553464.jpg   新インターネットテレビ局
   デモクラTV 開局!
   今この国で起きている出来事やニュースの
   本質をわかりやすく解説します。
   パックインニュースのコメンテータが、
   新しくネット放送を配信中。
 
 
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2016-08-24 11:19 | バックナンバー | Trackback | Comments(0)

今週の気になる? Vol.315

    第315回 【リオ五輪の「お涙頂戴報道」に違和感が…】

編集部:さて「今週の気になる」のコーナーです。


横尾 :リオ五輪も21日に終わりました。
    日本選手も活躍しましたね。
    メダルの総数では41個。よくがんばった!
    でも、純粋な競技と離れたところで、大手メディアのお涙頂戴物語には
    うんざりしましたね。

編集部:41個のメダルは大きいですね。
    特に男子400mリレーの銀メダルは凄いですね。


横尾 :開催の終盤なので印象に残りましたね。
    短距離走は日本人、強くないですから。
    だからスポーツとしてはとても楽しいのですが。

編集部:たしかに新聞やテレビは「親子愛」「友情」、コーチや監督の「師弟愛」だの
    物語を作りますね。


横尾 :4年に1度、必ず同じ物語を作って、読者や視聴者に押し付ける、
    それがイヤですね。
    いまオリンピックといっても、プロ化しているのは既成事実。
    またテニスやゴルフなどプロ選手が、国の代表として日の丸を背負って出て
    いくのは違和感があります。

編集部:たしかにアマといっても、企業スポンサーがいてセミプロ化していますからね。

横尾 :まあ先日もこのブログで言いましたが、国を背負わずに、競技ごとに世界大会
    を開いて、アマはアマ、プロはプロの世界でやってほしいです。
    そうじゃないと、裏でIOC委員の賄賂や広告宣伝会社のビッグビジネス、
    開催国のゼネコン利権など巨大利権が絡むようになった五輪を、
    表ではお涙頂戴だのスポーツマンシップなどもてはやしても、
    結局なにかしらじらしい感じがします。

編集部:そうですね。

横尾 :選手が可哀相です。
    今回も選手はよくがんばったと思います。

 
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2016-08-24 11:02 | 今週の気になる? | Trackback | Comments(0)

編集後記 Vol.315

今、多くの2世タレントが活躍しているが、本日は、ある2世アーティストについて書きたいと思う。
故尾崎豊の息子で、アーティストの尾崎裕哉である。
7月に放送された音楽番組に出演し、多くの反響があった。
しかし、その視聴者の感想を見ていて思ったのが、父親との比較がほとんどで、尾崎裕哉本人の評価は少なかった。
親子であるので、切っても切れないところは仕方ないが、私はこの尾崎裕哉の『始まりの街』という歌に注目したい。歌い方、歌声、曲調、詞、どれも父親を思い出させるものであるが、それを踏まえ、自分自身は歩き始めました。という、自分らしさが出ている楽曲に感じました。
これからも、どうしても父親と比較されてしまうと思うが、『始まりの街』のような、自分らしさが詰まった楽曲に期待し、見守っていきたいと思う。

 
[PR]

  # by weekly-yokoo | 2016-08-24 10:59 | 編集後記 | Trackback | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE